フィリピン SMARTはドコモ端末でもテザリング利用可能だった!

スポンサーリンク

ドコモ端末が対応している『テザリング』は、基本的にspモードの専用APNに接続先を変更しての通信となっている。

このため、spモードに対応していない、ドコモ以外の国内外の携帯電話会社のSIMカードを入れて利用した場合は、利用できないことが多かく、SIMロックを解除して海外のプリペイドSIMなどで利用した場合に、テザリング利用ができないことを不便を感じていた。

2013年の1月の台湾訪問時に書いたエントリは以下。

SIMロックを解除したGALAXY Note 2 + 台湾のプリペイドSIMでのテザリングに失敗 | shimajiro@mobiler

SIMロックを解除した状態でもテザリングの利用が出来ないのは、ドコモ端末のテザリングは、spモード契約時の接続可能なAPNに接続が切り替わるためで、国内でもspモード未契約の状態ではテザリングの利用が出来ないのと同様に、海外で現地SIMを利用した通信で、ドコモの指定するAPNへの接続が許可されない場合は、テザリング利用が出来ない。

ただ、上記のエントリ中でも触れているように『ドコモ以外のSIMカードを挿した場合はテザリングが100%利用できない』ということでもなく、実際には一部のオペレータでは現地SIMを使ってのテザリングが可能。

という情報はTwitterやBlogのコメント欄にて頂いていたので、情報としては知っていて、今回訪問したフィリピンの『SMART』のSIMカードではじめて、ドコモ端末 + 海外プリペイドSIMの組み合わせでもテザリング利用が可能であることが確認できた。

■SIMロックを解除したGALAXY Note 2(SC-02E)でテザリング
0318_tethering_01.jpg
※左(GALAXY Note 2)に現地のSMARTのSIMカードを入れて、Wi-Fi経由でiPhone 5から接続している。

SIMロック解除したGALAXY Note 2 + 現地SIM(SMART)の組み合わせでテザリング利用が可能となったのは、SMARTの回線がAPNを何に指定しても接続可能であるからと考えられる。

試しに、APNを”shimajiro”に変更してみたところ、予想通りSMARTのSIMは接続することができた。

■APNをshimajiroに設定して接続に成功
0318_tethering_02.jpg
※端末の右上に『H』の表示があり、APNを変更後も通信が可能となっている

このように、APN設定に関わらず通信ができるSIMカードを利用している場合は、内部的にはspモードの専用APNに切替が行われるドコモ端末のテザリングであっても、テザリング利用が可能になる。ということが考えられる。

『ドコモ端末のテザリング時は専用のAPNに接続がされる』

という仕様は、ドコモのネットワークに接続中に発生するのはドコモの事情として理解ができるものの、他社のSIMカードを挿している場合については、接続中のAPNでそのまま通信が可能になったら嬉しいなと…(^ ^;

2012年の冬モデルの一部では、そのような仕様になっている機種もある。という情報をコメント欄などなどで頂いてはいるけれど、『どの機種がokで、どの機種がNGか』という情報はドコモから正式にアナウンスが無く、機種ごとに試してみるしかない状況(^ ^;

ちなみに、GALAXY系の端末については残念ながら『ドコモ以外のSIMカードを挿していても、テザリング時はspモードの専用APNに切り替わる』という仕様になっており、基本的には海外SIMでのテザリングについては不可能となっている(SMARTのように、一部例外となるオペレータはあるけれど…)

ドコモ端末は、国内で正規に利用できる数少ないSIMロックフリー(になる)端末なので、現地SIM利用時のテザリング利用についても可能になったら嬉しいなと…(^ ^)
※一部端末では既に可能になっている。という情報から判断すると、徐々に可能になっていく。という流れではあると思うのだけれど…。