ドコモの『iPhoneボーナスパケットキャンペーン』は購入端末がiPhoneならAndroidで利用中もボーナス容量付与

ドコモが新料金プランでiPhoneユーザ向けに提供する『iPhoneボーナスパケットキャンペーン』について、適用条件の詳細を確認してみたところ『ドコモ側で確認可能な最終購入端末』がiPhoneであれば、実際に利用している端末についてはAndroidスマートフォンでも、モバイルWi-Fiルータでも問題なくキャンペーンの特典(+1GB/月)が付与されるとのことだった。
※キャンペーンの適用条件は、新料金プランであるカケホーダイ + パケットパック(シェアオプションでもok)に加入していることが条件なので、利用する端末に限らずこの条件は満たす必要があるものの、このプランで利用する端末については問わない。という意味。

『iPhoneボーナスパケットキャンペーン』に関する詳細はドコモのWebサイトにて。

料金:新料金プラン | iPhone | NTTドコモ
料金 新料金プラン iPhone NTTドコモ

ドコモから購入した端末がiPhoneの場合、カケホーダイ + パケットパック(またはシェアオプション)の申込で、利用可能な通信量が1GB/月増加するのは、iPhoneを利用中で新料金プランへの変更を検討している方には嬉しいキャンペーンと言えそう。ただ、MNPでiPhoneを契約している場合、タイプXiにねんの基本料金が無料になるキャンペーンが対象外になってしまう。というのは、MNPでiPhoneを契約し基本料金が無料になる状態のユーザにとってはネックとなる。

『iPhoneボーナスパケットキャンペーン』と同様のキャンペーンはiPadでも提供されるため、ドコモから販売されるiPhoneおよびiPadを購入して新料金プランを契約すると、他の端末を購入するよりも通信量を増やすことが可能になる。というのを覚えておくと良いかなと。

ドコモから発売がアナウンスされたiPadについては、DCMX/DCMX GOLDの『DCMXケータイ補償』サービスの対象端末となる。DCMX GOLDの場合は補償金額が最大で100,000円とDCMXと比べて大きいほか、ドコモプレミアクラブのステージが『ゴールドステージ』に優待されることで、利用金額の最大10%をポイント(ドコモポイントにも交換可能)として還元することが可能。

その他、DCMX GOLDのサービス、キャンペーンの詳細については以下より。
ドコモのお客様に贈るとっておきの一枚 – DCMX GOLD