LTEサービスのエリア拡大&高速化で実感するWiMAXの『容量無制限』の心強さ

docomoのXiやauの4G LTEサービスのエリアが急速に拡大し、端末もdocomoのL-03EやauのWi-Fi WALKER LTE(HWD11)など、高性能なモバイルWi-Fiルータが登場しており、以前と比べて端末&ネットワークの両面で快適になってきており『LTEで快適なモバイルデータ通信』が可能な環境が整いつつある。

以前からXi対応のモバイルWi-FiルータとWiMAXのモバイルWi-Fiルータを併用しており、通信速度そのものは各社のLTEサービスの方が速いことが多くなっても、端末の使い勝手や連続通信時間については、WiMAXのモバイルWi-Fiルータの方がトータルで使い勝手に優れていると考えており、LTE対応のモバイルWi-Fiルータの使い勝手が改善されたら、WiMAX回線が不要になるかも?

と思っていたけれど、実際には各社のLTEサービスエリアが広がれば広がるほど、通信速度が速くなればなるほど、バッテリの連続通信時間が延びれば延びるほど、快適に通信が利用ができるようになり、快適に通信を利用した分だけ通信量が増えていくため、結果的に通信量の制限の問題が顕在化する。ということに気付いた。

僕の使い方だと、7GB/月の通信量は、スマートフォンだけの利用であれば使い切ることは無く、国内を旅行・出張中にホテルでモバイル回線を固定回線代わりに使用したり、外出中に数時間PCで作業をする場合に、特に通信量が多くなり、場合によっては1日で1GB以上の通信量が発生することもある。

そんなわけで、7GB/月の通信量は、自分の使い方では『スマートフォンの通信量としては十分すぎるけれど、PCで大量の通信を行う場合は足りなくなる』容量と言える。

ここで改めて心強く感じているのが『通信容量が無制限』となっているWiMAX回線で、WiMAX回線であれば滞在中のホテルの回線として使用しても、通信量的には心配する必要が無く、外出先で長時間、通信量が大きな作業を行う場合でも通信量の上限の心配をする必要から解放される。

実際にはLTEのデータ通信回線もXi、au 4G LTE、EMOBILE LTEと複数契約しているので、これらを使い回せば通信量制限や速度制限の対象となる心配を回避することは可能とも言えるけれど、そもそもサービスとして『通信容量無制限、速度規制なし』をうたっているのはWiMAXだけなので、この点ではWiMAXに絶大な安心感がある。

普段の行動範囲である都心部でのWiMAXの通信品質は、+WiMAX対応機種の稼働台数が増えるに従って低下しており、2011年末 〜 2012年春頃にかけて都心ではかなり速度が低下してしまっていたけれど、その後発売されるau端末がWiMAXに非対応でLTE対応にシフトしたことで、徐々に通信速度が改善された。

さらに、2013年に入ってからはWM3800RやURoad-Aeroなどの新端末が登場したことで、ネットワーク面の混雑解消&端末の更なる高機能化と、使い勝手の改善を実感することができているのは、WiMAXユーザとしては嬉しい限り。
※正直に言えば、WM3600R/URoad-SS10の時点で他社端末と比べて完成度がかなり高いと思っていたので、更に改善された後継機がでるとは、それほど思っていなかったので…(^ ^;

■2013年に発売されたURoad-Aero/WM3800R
0426_WiMAX.jpg

他にも『据置型』に特化したWi-Fiルータとして『URoad-Home』があり、通信性能が非常に高い。というのも、ホテルなどで固定回線代わりにWiMAXを使う際に重宝している理由。

■関空第一ターミナルに1泊した際に利用したURoad-Home
0426_URoad-Home.jpg

そんなわけで、通信速度では理論値&実効速度共に他社のLTEサービスと比較して負けることも増えてきたWiMAXだけれど『通信容量無制限/速度制限なし』という点では、WiMAXエリア内でさえあれば、モバイル回線でも通信量の心配無く使える回線として手放すことができないことを、モバイル環境で大量の通信を行うたびに実感している(^ ^)

最後に、WiMAXキャンペーンの紹介をすると、現時点でWiMAXを新規契約する場合のオススメはSo-net WiMAXのキャンペーン。

最新端末であるWM3800R/URoad-Aeroの両方が販売されており、新規契約で端末代は1円(WM3800Rはクレードルセットでも1円)になるほか、契約から1年以内に20,000円 + 10,000ポイントの合計30,000円相当の還元を行っている。

これらの還元を差し引くと、契約から1年間の通信料は実質 約1,000円/月となるので、最新端末を利用しつつ、キャッシュバックなどの特典によって通信料を安く抑えることも可能になるので、既存のWiMAXユーザが更新を迎えるタイミングでの乗換先としてもオススメできる。
関連エントリ:WiMAXの4月キャンペーンまとめ:So-net WiMAXは1年間の通信料が約1,000円/月に | shimajiro@mobiler

So-net WiMAXのキャンペーンで注意すべき点は、契約から24か月以内にSo-net WiMAXを退会した場合に発生する追加の違約金(WiMAXの解約とは別途15,000円発生)で、この違約金の発生を防ぐためにはSo-net会員を退会せずに、契約更新タイミングでWiMXオプションのみ解約すれば、So-net会員の退会による違約金を防ぐことができる。

So-net WiMAXのキャンペーンページは以下より。

So-net モバイル WiMAX(So-net)
0426_So-net_WiMAX.jpg