モバイルWi-Fiルータ利用禁止の場所でUSBデータ通信端末が役に立った

スポンサーリンク

ソフトバンクの2013年夏モデル発表会に参加してきました。

■ソフトバンク2013年夏モデル発表会
0508_SoftBank_01.jpg

会場内ではソフトバンクの提供するWi-Fiアクセスポイントが設置され利用可能となっている一方で『Wi-Fi通信を安定化させるため、個人のモバイルWi-Fiルータの利用禁止』とうアナウンスがあったため、Wi-Fiルータを多数持っている自分としては少々困りながら、USB接続のデータ通信端末を利用することに。
※あとから気付いたけど、同じEMOBILEならGL04PのWi-FiをOFFにしてUSB接続。という手もあった…。

今回は送受信するデータ量が大きかったので、比較的容量制限の緩いEMOBILE回線を選び、USB接続に対応した『GL03D』をMacに挿して利用。
※Macでも問題無く利用可能になるのは、L-03Eなどと比べて地味に嬉しいポイント。

■USB接続したGL03D
0508_SoftBank_02.jpg

■通信速度も快適
0508_SoftBank_03.jpg

Ping:17ms
下り:29.12Mbps
上り:11.18Mbps

とかなり快適な通信速度を記録した。

■約20分でデータ通信料780MBを記録
0508_SoftBank_04.jpg

現地で撮影した画像をインターネットにアップロードしていたら、約20分で780MBほどの通信ができた。

というわけで、モバイルWi-Fiルータ利用が禁止される場合に備えて、USB接続によるモデム利用に対応したモバイルWi-Fiルータまたは、USBモデムを準備しておくと何かと安心ということで(^ ^)