WM3800RやL-03Eの充電機能は通常のUSBホストケーブルで動作するか?を検証してみた

スポンサーリンク

WiMAX対応のモバイルWi-Fiルータ『WM3800R』や、NTTドコモから販売されているXi対応のモバイルWi-Fiルータ『L-03E』などが対応している、モバイルWi-Fiルータからの充電機能が、製品に同梱されている専用ケーブルだけでなく、汎用的に販売されているUSBホストケーブルでも動作するのか?を検証してみた。

今回購入したUSBホストケーブルは以下。Amazonで送料込みで500円ぐらい。

iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK

バッファロー 2011-11-01
売り上げランキング : 147

Amazonで詳しく見る by G-Tools

■製品パッケージ
0615_USBHost_01.jpg

■WM3800R経由でiPhoneに接続
0615_USBHost_02.jpg

WM3800R側が『USB給電状態』の表示になったので『おぉ!』と思ったけれど、iPhone側は充電されている状態にはならず、充電はできなかった。

■L-03E経由でiPhoneに接続
0615_USBHost_03.jpg

L-03Eの場合は、そもそもUSB給電状態への切り替わりが起きず『しかし何も起こらなかった』という状態(^ ^;

というわけで、モバイルWi-Fiルータ経由で各種スマートフォンなどなどを充電する場合は、やはり専用ケーブルを使って充電を行うのがベター。というありきたりな検証結果に(^ ^;

何でこのテストをしてみようかと思ったかと言うと、モバイルWi-Fiルータを複数台持ち歩いていて、さらにモバイルWi-Fiルータ経由で充電するためのケーブルが端末毎に専用になっているのは荷物が増えるので何とかしたい。と思ったため、汎用的に使えるケーブルが無いか確認したかった。というのが目的。

いちおう、WM3800Rに同梱されている充電用のケーブルをL-03Eで、L-03E用の充電ケーブルをWM3800Rに挿しても、スマートフォンへの充電は動作しなかった。ということも最後に付け加えておきたい。

モバイルWi-Fiルータやタブレットからの充電に使える汎用的なUSBケーブルって製品化されないかなぁ…
※されたとしてもメーカー正規品ではなく、自己責任で利用する範疇の製品にはなるだろうけれど…