タイガーエア・フィリピン、2014年3月初旬にフィリピン ⇔ 成田&関空線へ参入予定!

スポンサーリンク

TraicyさんのBlogエントリで知った情報。

シンガポールを拠点にするLCC、『タイガー・エアウェイズ』のグループ会社である『タイガーエア・フィリピン』が、2014年3月にも成田&関空線へ参入予定であることが、Philippine Flight Networkにて報じられている。

Philippine Flight Networkの記事(英語)は以下より。

TigerAir Philippines Plans Expansion in 2014 ~ Philippine Flight Network

Driven by aggressive expansion in domestic and international markets, the airline has already set its sights on flying to Japan as early as March 2014 with service initially to Narita and Kansai.

タイガーエア・フィリピンが成田&関空線に就航した場合、『タイガーエア』ブランドとしては初めての日本路線への参入になる。また、日本以外では中国および韓国への参入を計画しているとのこと。(フィリピンのKalibo ⇔ 中国のShenzhenには既に就航済み)

現時点で日本とフィリピンを結ぶLCCは選択肢が限られているけれど、2013年9月に日本とフィリピンの間で合意に至ったオープンスカイ協定によって、2014年以降は複数社が新規参入および、既存の航空会社の路線拡大が期待できるので楽しみ。

日本とフィリピンのオープンスカイ締結については以下にて。
フィリピンとオープンスカイ締結 14年春から羽田発着可能に

国土交通省は9月13日、フィリピンの航空当局と二国間輸送のオープンスカイ(航空自由化)について合意したと発表した。羽田空港への発着は、昼間の国際線発着枠が3万回から6万回に増える14年3月末から。

また、LCC以外ではフィリピン航空が2013年12月より、成田 ⇔ マニラ&セブ島路線を増便する予定。
関連エントリ:フィリピン航空、成田 ⇔ セブ島を毎日2便へ増便!12月15日から | shimajiro@mobiler