niftyのWiMAX + Nexus 7(2013)のセット販売、WiMAXシングルサービス対応端末は在庫少

スポンサーリンク

@nifty WiMAXが行っている、WiMAXのモバイルWi-Fiルータ + Nexus 7のセットで端末代が1円になるセット販売で、シングルサービス対応端末(初代WiMAX対応端末)は、在庫が少ない状態になっているとのこと。

@nifty WiMAXのキャンペーン詳細は以下より。

Webサイト上でWiMAXシングルサービスについては『申込受付を終了しました』と表示されるため、申ができないように見えるものの、実際にはWiMAXシングルサービス機種についてもNexus 7(2013)とのセットで申込が可能になっている。

5月27日(火) 6:00時点で選択可能なWiMAXシングルサービス対応機種は、

・WM3800Rクレードルセット(ハローキティ/ブラック/ホワイト/ピンク)
・URoad-Aero(クレードルセット無し)

のどちらかで、これらの機種も在庫が終了次第、販売が完了となる可能性があるので、WiMAXシングルサービス対応端末での申込を検討中の方は、販売が終了する前に申込した方が良さそう。
※Wi-Fi WALKER WiMAX2+については、恐らくすぐに在庫が無くなるという可能性は低いかなと思う。

■WiMAXシングルサービス対応機種 + Nexus 7のセットも申込可能(@nifty)
Nifty WiMAX nifty

WiMAXシングルサービスは、下り通信速度が最大で40Mbpsと、WiMAX 2+の110Mbpsと比べるとスペック的には見劣りするものの、契約期間が1年間とWiMAX 2+よりも短く設定されている他、対応端末の完成度が高く使いやすい、WiMAXだけで言えばWiMAXハイパワーに対応している分、快適に通信ができる。などの点があり、WiMAX 2+での通信や、auのLTEでの通信に強い魅力が無いのであれば、WiMAXシングルサービスを利用する。という選択肢も十分検討の価値があるかなと思う。

WiMAX 2+対応エリアは、東名阪エリアを中心に広がってはいるものの、札幌や福岡などの都市は現在サービスエリアになっておらず、2014年7月末までに対応の予定であることが発表されている。更に、現時点での対応端末であるWi-Fi WALKER WiMAX2+(HWD14)の使い勝手も、それほど良いとは思っていないので、1年後のWiMAX 2+対応エリアの充実&対応端末の完成度の改善に期待しつつ、もう1年間初代WiMAX対応端末を利用するのもアリと思う。

@nifty WiMAXのキャンペーン期限は5月末までになっており、6月以降の継続が不明になっているのと、WiMAX対応端末については在庫が少なくなっているので購入予定の方はお早めに。