スカイマーク 成田空港からの撤退を正式発表 – 成田発国内線を運休へ

スポンサーリンク

スカイマークは、搭乗率の低迷によって不採算路線となっている成田空港発着の国内線(成田 〜 札幌/那覇/米子)の三路線を運休し、成田空港から正式に撤退することを発表。

スカイマーク、成田撤退と米子便再編 10月から羽田強化 – Aviationwire

スカイマーク(SKY/BC、9204)は8月14日、成田空港からの撤退や米子路線の再編など、10月26日から始まる冬ダイヤのうち12月25日までの運航スケジュールを明らかにした。4路線の運休と2路線の経由便化により、冬ダイヤの直行便は23路線となる。

成田空港からの撤退の他、羽田 〜 米子と米子 〜 札幌の2路線を、直行便から神戸経由の便とするなどの変更を行うほか、羽田 〜 福岡、羽田 〜 神戸線を増便。不採算路線を撤退する一方で、羽田発着の路線に集中する。

スカイマークの成田空港撤退については、2012年より相次いで就航したLCCとの競争による国内線の搭乗率の低下の他、当初予定していた国際線への参入を断念したことによるものと思われる。

スカイマークは、国際線に投入予定であったA380型機の売買契約を巡って、支払が遅延したことを契機にメーカーであるエアバス社より契約解除を通告された上に、違約金の支払いを求められており、経営的にも厳しい状態となっている。
関連エントリ:スカイマーク、国際線に導入予定のA380の支払が困難に/エアバスは売買契約の解除を発表 | shimajiro@mobiler

それほど大きな問題とはなっていないものの、直近では賞味期限切れのカップラーメンを機内販売した可能性があることを発表するなど、運航全般に関する品質にも不安がある。

スカイマーク、賞味期限切れのカップラーメンを機内販売か | shimajiro@mobiler

航空会社のスカイマークは、機内販売用のカップラーメンについて賞味期限が切れた状態となっていることを発見し、他の運航便についても点検を行った最大で26個のカップラーメンおよびコンソメスープが販売された可能性があることを発表。