成田空港で買えるプリペイドSIMカードまとめ – 訪日外国人や一時帰国向け、音声対応SIMもあり

成田空港で購入可能なプリペイドSIMカードのまとめ。
※販売価格、SIMカード容量などの情報は2015年12月26日時点。


2016年12月版を新規エントリとしてまとめたので、最新版は以下にて。

【2016年12月版】成田空港で買えるプリペイドSIMカードをターミナル別に総まとめ・音声通話対応SIMや容量無制限SIMカードも登場 | shimajiro@mobiler


羽田空港で購入可能なプリペイドSIMカードについては以下エントリにて。
羽田空港で買えるプリペイドSIMカードまとめ – 24時間営業のコンビニでも購入可能 | shimajiro@mobiler

  1. 成田空港:自動販売機での販売
  2. SIMカード名称 販売価格
    (税込)
    有効期間 通信量 容量超過時
    通信速度
    音声 利用手続
    U-mobile
    プリペイドSIM
    2,000円 7日間 200MB/日 200kbps × 不要
    3,500円 15日間 200MB/日 200kbps
    Prepaid SIM
    For JAPAN
    3,726円 7日間 100MB/日 200kbps × 必要
    5,345円 14日間 100MB/日 200kbps

    ※SIMカードの名称をクリックすると各サービス詳細のWebサイトへ遷移。

    ■第一ターミナル:プリペイドSIM自動販売機
    成田空港:第一ターミナルのプリペイドSIM自動販売機

    第一ターミナルのプリペイドSIMカード自動販売機の設置場所は、国際線到着フロア、北ウイングと南ウイングの中間。バス停の番号で言うと3番と4番の間。設置されている自動販売機はOCN モバイル ONEとU-mobileの二つ。

    ■第二ターミナル:プリペイドSIM自動販売機
    成田空港:第二ターミナルのプリペイドSIM自動販売機

    第二ターミナルのプリペイドSIMカード自動販売機の設置場所は、国際線到着フロア、到着口AとBの間のエスカレーターの脇。設置されている自動販売機はOCN モバイル ONEとU-mobileの二つ。

    ■第三ターミナル:プリペイドSIMカード自動販売機
    成田空港:第三ターミナルのプリペイドSIM自動販売機

    第三ターミナルのプリペイドSIMカード自動販売機の設置場所は、第三ターミナルの出入り口付近。(入口から見て右手側)設置されている自動販売機はU-mobileのみ。

    ■自動販売機で購入可能なSIMカードはデータ通信専用
    成田空港の自動販売機で購入可能なプリペイドSIMカードは、OCN モバイル ONEとU-mobileの二種類で、どちらもデータ通信専用。

    OCN モバイル ONEのSIMカードは自動販売機にて購入後、アクティベーションを行う必要があるので開通までは少々手間がかかる。その点、U-mobileはAPN設定さえすませればすぐにデータ通信を行えるようになる点では気軽に使える。

    なお、各ターミナルの自動販売機共通でOCN モバイル ONEはクレジットカードのみ、U-mobileは現金のみ。

  3. 成田空港:テレコムスクエアカウンターでの販売
  4. モバイルWi-Fiルータのレンタルなどを行うテレコムスクエアのカウンターでもプリペイドSIMカードが購入可能、テレコムスクエアで販売されているプリペイドSIMカードには、Y!mobileの音声通話対応プリペイドSIMカードもある。

    テレコムスクエアのカウンターで購入可能なプリペイドSIMカードは以下。

    SIMカード名称 販売価格
    (税込)
    有効期間 通信量 容量超過時
    通信速度
    音声 利用手続
    Wi-Ho! Preapaid SIM
    (Y!mobile)
    5,500円 15日間 1GB 通信不可 必要
    (店頭)
    7,500円 15日間 3GB
    Wi-Ho! Preapaid SIM
    (docomo)
    4,500円 30日間 1GB 通信不可 × 必要
    6,500円 30日間 3GB
    So-net Prepaid
    LTE SIM
    4,500円 30日間 1GB 通信不可 × 必要

    ※SIMカードの名称をクリックすると各サービス詳細のWebサイトへ遷移。

    テレコムスクエアのカウンターで購入できるプリペイドSIMカードで面白いのは、音声通話に対応するY!mobileのプリペイドSIMカードで、データ通信量1GBで5,500円、3GBは7,500円で販売されている。SIMカードの有効期間はどちらも15日間。
    ※テレコムスクエアのWebサイトにはY!mobileのSIMカードに関する情報は記載されていない。

    ■Wi-Ho! Prepaid SIM(Y!mobile)
    Wi-Ho! Prepaid SIM(Y!mobile)

    音声通話は「1回10分まで」と記載されているものの、音声通話可能な回数については記載が無いので、SIMカードの有効期間中(購入から15日以内)は音声通話が使い放題の可能性もある。

    音声通話に対応したSIMカードのため、購入時にはパスポートなどの身分証明書が必要となるけれど、国際線で成田空港に到着した場合は基本的にパスポートを持っているハズなので大きな問題は無い。

    Wi-Ho! Prepaid SIM(Y!mobile)は、データ通信専用のプリペイドSIMカードと比べると販売価格はやや割高。ただし、空港で購入可能な音声通話対応のプリペイドSIMカードは選択肢が限られていることを考えると、音声通話が必要な方にとっては貴重な選択肢と言える。

    テレコムスクエアのカウンターの設置場所は以下。
    第一ターミナルから第三ターミナルまで、各ターミナルに設置されている。

    [テレコムスクエア カウンター(成田空港)]
    第一ターミナル B1(鉄道 成田空港駅)
    第一ターミナル 1F(国際線到着ロビー)
    第二ターミナル B1(鉄道 成田空港第二ビル駅)
    第二ターミナル 1F(国際線到着ロビー)
    第三ターミナル 2F(国内線、国際線 出発&到着ロビー)

    なお、12月27日時点でWi-Ho! Prepaid SIM(Y!mobile)を取扱いしているテレコムスクエアのカウンターは成田空港&羽田空港のカウンターのみで、他の空港では販売されていない点には注意。

    テレコムスクエアのWebサイトにも情報が無いことを考えると、ひとまず成田&羽田空港でテストを行い、テスト結果が良ければ他の空港でも販売を拡大するのかも。