モバイルWi-Fiルータ『MR03LN』バージョン2.1.0は海外SIMで利用可能に!

スポンサーリンク

モバイルWi-Fiルータ『MR03LN』のファームウェアを最新版(2.1.0)にアップデートした状態で、台湾のプリペイドSIMカードを使って通信可能なことが確認できた。

■MR03LNを遠傳電信(台湾)のSIMで使う
MR03LNを遠傳電信のプリペイドSIMで使う
※遠傳電信の他に、中華電信、台灣大哥大のSIMカードで通信が可能なことを確認済み

MR03LNは、ファームウェアアップデートによって『EMOBILE LTEへの対応』が追加されており、これによって実際にはSIMフリー(に近い)仕様となっているものと推測されているものの、国内で利用するとauのSIMカードで利用できないなど、完全なSIMフリーとは言えない仕様となっている上、メーカーのQ&Aでは『SIMフリーではない』と記載されていた。

メーカーのQ&Aでの記載は以下より。

MR03LNはSIMフリーですか?

いいえ、本商品はSIMフリーではありません。

メーカーのQ&Aサイトに『SIMフリーではない』とされている理由は、恐らく国内のキャリアで利用可能なSIMカードが制限されているからで、海外キャリアのSIMカードでの動作については特に制限を行っていない模様。

そんなわけで、最新版のソフトウェアアップデートを行った状態のMR03LNについては、

・ドコモおよびそのMVNOのSIMカード
・EMOBILE LTEに接続できるSIMカード
・海外キャリアのSIMカード

の3種類が利用可能となっている模様。
※逆に言うと、auのSIMカードでは利用ができないことを確認済み。

MR03LNは、国内ではドコモおよびそのMVNOでの利用をメインに考えられている製品だけれど、ソフトウェアアップデートを行うと、海外SIMでも利用可能になる。というのは海外で利用することを考えている方には嬉しい改善かなと思う。

MR03LNの販売価格はAmazonで20,000円程度。

NECアクセステクニカ Aterm MR03LN 6B ( LTE モバイルルータ / microSIM ) PA-MR03LN6B NECアクセステクニカ Aterm MR03LN 6B ( LTE モバイルルータ / microSIM ) PA-MR03LN6B

NEC Access Technica
売り上げランキング : 201

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメント

  1. house より:

    Taiwan mobileも使えました。1.2.0から2.1.0にアップデートしたら4時間に一回再起動しないと接続できない症状がでます。

  2. より:

    台湾の中華電信
    3Gは使用することができます
    元のLTEは1.2.0バージョンが使用可能でした。
    しかし、2.1.0またそれ以上のパージョンに更新した後、使用できなくなりました。
    3Gしか使用できません。

  3. ももんが より:

    アプデする前から台湾では使えてました。
    国内ではsimフリーではないということだったみたいです。
    タイでも使えました