SBM『直近3日間で1GB』の速度制限撤廃は303ZTも対象、ワイモバイル305ZTは引き続き制限対象

ソフトバンクモバイルが新料金プラン契約者向けに撤廃した『直近3日間で1GB』の通信速度は、新料金プラン契約者だけでなく、モバイルWi-Fiルータ『303ZT』向けの『4G/LTEデータし放題フラット』でも速度制限が撤廃されている。

■ソフトバンクモバイルのモバイルデータ通信向けプランの速度制限
モバイルデータ通信 利用した通信量によって 通信速度制限がかかることはあるのでしょうか ソフトバンクモバイル
掲載元:[モバイルデータ通信]利用した通信量によって、通信速度制限がかかることはあるのでしょうか? | ソフトバンクモバイル

『303ZT』は、AXGPのキャリアアグリゲーションによって下り最大165Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルータ。

ワイモバイルでは『305ZT』という型番で販売されており、ワイモバイルでは『CA対応Pocket WiFi使い放題キャンペーン』によって、月間の通信量を超過した際に通信速度を通常速度に戻す追加料金(500MBごとに500円)が最大二年間、何度でも無料となるキャンペーンが行われている。

一方で、ワイモバイルの『305ZT』向けの料金プランである『Pocket WiFiプラン+』については、前日までの直近3日間の通信量が1GBを超えると、当日6時から翌日6時までの間通信速度の制御を行う場合がある。とされており、ソフトバンクモバイルとワイモバイルでは同一機種を販売しながら、キャンペーン内容や通信速度制限の内容が異なっている。

■ワイモバイル:通信速度制限について
通信の制限について|Y mobile ワイモバイル
掲載元:通信の制限について|Y!mobile(ワイモバイル)

ソフトバンクグループが販売する同一機種を、キャンペーン(月間の通信量が実質無制限)や通信速度制限の内容を統一していない理由は不明ながらも、端末そのものは同一であるソフトバンクモバイルの『303ZT』とワイモバイルの『305ZT』は、契約内容によって使い勝手に違いがでる。という点にはご注意を。
※今後発売されるモバイルWi-Fiルータでも、同様の区別が行われる可能性が考えられる。