UQ、WiMAX 2+への機種変更でギガ放題が二年間 3,696円/月になる「ギガヤバ 移住計画」を発表

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズは、初代WiMAXサービスの利用者に対して、WiMAX 2+へ機種変更を行うと、月間の通信量制限のない「ギガ放題」プランの月額料金が4,380円 → 3,696円/月に割引される「ギガヤバ移住計画」を発表。同キャンペーンによる割引は、2015年2月20日以降にWiMAX → WiMAX 2+へ機種変更を行ったユーザも自動的に割引が適用される。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下より。

「ギガヤバ 移住計画」によるWiMAX 2+への移行促進について | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野坂章雄、以下UQ)は、WiMAX 2+の下り最大速度を220Mbps※1に高速化する「ヤ倍速」と、月間上限がなく使い放題の「ギガ放題」による「ギガヤバ革命」を推進しております。

「WiMAX 2+ への機種変更に限定した割引料金」の詳細は以下。

■実施期間
2015年5月1日 〜 9月30日
※2月20日 〜 4月30日にWiMAX → WiMAX 2+へ機種変更したユーザも、「ギガ放題プラン」を契約している場合は対象。

■特典内容
・機種変更に伴う契約解除料、登録料、WiMAX 2+機器代金が無料(タダ替え大作戦)
・「UQ Flat ツープラス ギガ放題」(通常 4,380円/月)を3,696円で二年間利用可能
※各種料金は税抜

既に開催中の「史上最大のタダ替え大作戦」にて、WiMAX → WiMAX 2+の機種変更に係る料金が無料になるのに加えて、月額料金についてもWiMAX向けの「UQ Flat 年間パスポート」の料金と同じ料金が適用されるため、ざっくり言えば「WiMAXから料金負担を増やすことなくWiMAX 2+へ機種変更できる」キャンペーンが9月末まで開催される。

UQコミュニケーションズがこれらのキャンペーンでWiMAX 2+への移行を促す理由は、現在WiMAXで利用している周波数帯を、早期にWiMAX 2+向けに切替したい。という意図がある。

UQコミュニケーションズでは、キャリアアグリゲーションと4×4 MIMOの二つの方式で、WiMAX 2+で下り最大220Mbps対応サービスを提供している。このうち、キャリアアグリゲーションについてはWiMAX向けの周波数をWiMAX 2+向けに切り替えて実現されるため、WiMAXユーザの多い都市部でのキャリアアグリゲーション対応は他の地域と比べて遅れる見込み。

UQコミュニケーションズは、今回の「移住計画」の発表にあわせて、全国エリアでのキャリアアグリゲーション対応を2015年9月末までに予定している。と発表しており、これから約5カ月の間に、全国エリアでWiMAXは下り最大40Mbps → 13.3Mbpsに低速化、WiMAX 2+はキャリアアグリゲーション対応機種であれば下り最大220Mbps対応エリアが増加する予定となっており、WiMAX 2+ユーザにとっては通信速度改善が期待できる。

UQコミュニケーションズのWiMAX 2+対応機種は、非公式ながらSIMカードを差し替えての利用も可能となっているので、キャリアアグリゲーション非対応機種でWiMAX 2+を使っている方は、キャリアアグリゲーション対応機種を端末単体で購入して使うのもあり。

キャリアアグリゲーション対応機種「W01」のAmazonでの白ロムは約8,000円前後、最新機種にしてはかなり安めの価格になっている。

Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W01 マリン  HWD31SLU Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W01 マリン HWD31SLU

UQコミュニケーションズ
売り上げランキング : 10979

Amazonで詳しく見る by G-Tools

UQコミュニケーションズでは、2015年4月1日よりWiMAX 2+向けにも「直近3日間で3GB」を超えた場合に通信速度制限を行う場合がある。としているものの、4月中旬の時点では速度制限による影響はほぼ気にする必要が無いと言える状況だった。
関連エントリ:WiMAX 2+「直近3日間で3GB」実際の通信速度制限はかなり緩め | shimajiro@mobiler

WiMAX 2+の新規申込は以下より。