Twitterが仕様変更を告知、写真・動画が140文字から除外、@つき投稿がフォロワー全体に表示されるように

スポンサーリンク

Twitterは、ツイート可能な文字数の「140文字」のカウント方法の変更や、ツイートが表示される範囲に関する仕様変更を行うことを発表。仕様変更は今後数ヶ月のうちに順次適用される。

Twitterの日本語公式Blogによる変更内容告知は以下にて。
今後の予定:140文字をより活用できるように | Twitter Blogs

■仕様変更概要
(1)返信(Reply)時の”@ユーザ名”を140文字カウントから除外
(2)写真・GIF画像・動画・投票・引用ツイートを140文字カウントから除外(公式クライアントのみ対応の可能性あり)
(3)自分のツイートに対してRTや引用ツイートが可能に
(4)”@ユーザ名”で始まるツイートの表示範囲が「フォロワー全体」に変更

「返信時の@ユーザ名(スクリーンネーム)や、画像・動画などが140文字にカウントされなくなった」こと以外に、ツイートの先頭に@ユーザ名(スクリーンネーム)が含まれるツイートが、通常のツイートと同様に、自分のフォロワーに対して表示されるようになる。という点が大きな変更点であるように思う。

該当の仕様変更内容は以下にて。

「. @ユーザー名」ツイート:誰かに宛てたツイートを他の人にも見て欲しい時、@ユーザー名の前に「.」を入れていらしたと思います。今後は「.」を入れる必要なく、@ユーザー名で始まるツイートは普通のツイートと同じように自分のフォロワーの方々に表示されるようになります

仕様変更は「.@ユーザ名」としなくても「@ユーザ名」で始まるツイートが、通常のツイートど同様に自分のフォロワーに対して表示される。

とされており、「先頭に.を入れる手間が省ける」というニュアンスで告知されているものの、個人的には先頭に@をつけたツイートは、あくまで「@の宛先に対して表示されるもの」として使っていたので、フォロワー全体に表示したい。という意図では使っていなかったので、仕様の修正後はTwitterの使い方が変わりそう。具体的には、割としょーもない内容を(@つきで)ツイートする。という使い方をしなくなりそう。