チャイナエアライン、ストライキにより欠航となったフライトの予約者に100ドル支払、さらに航空券代・地上移動・ホテル代・食事代も補償

台湾の航空会社チャイナエアライン(中華航空)は、6月24日(金)より発生したキャビンアテンダントによるストライキの影響によって予定の便がキャンセルとなった旅客に対して100米ドル(約10,000円)を支払うだけでなく、航空券代・地上移動に係った費用・宿泊費用・食事代を補償することを発表。6月24日(金)から26日(日)までの3日間で予約していたフライトがキャンセルとなった旅客が補償の対象。

チャイナエアラインによる補償に関しては以下にて(英語)
※台湾-日本便でも欠航が多かったので、そのうち日本語でも公式サイトに情報が掲載されると思われる。

China Airlines Statement | China Airlines

The China Airlines will reimburse those passengers whose flights had been affected from 00:00 June 24 to 23:59 June 26 due to CAL flight attendants’ strike. The CAL is not only offering USD100 coupons to each passenger affected by the flight cancellations, we are also reimbursing for their loss in airfare, ground transportation, as well as accommodation, and meals.

各種費用の弁済を受けるためには、実際の支出にかかった費用が確認できるレシート類の提出が必要となる。また、補償を受けるためには中華航空のコールセンターなどへ連絡する必要があるとのことなので、補償対象となる方は中華航空のコールセンターや旅行代理店などなどに問合せしてみると良さそう。
※補償対象となる旅客に対し手、チャイナエアラインから個別連絡があるのかは不明。

[チャイナエアライン国内支店一覧]
札幌:0123-46-3111
東京:03-63788855
静岡:054-205-0230
名古屋:052-202-7117
富山:076-461-7200
大阪:06-6459-5780
広島:082-542-0882
高松:087-815-8702
福岡:092-471-7788
宮崎:0985-64-9277/9288
鹿児島:099-297-4900
熊本:096-285-1814
沖縄:098-863-1013
※その他、海外支店などの一覧はチャイナエアラインのWebサイトに掲載されている。