チャイナエアラインのオンラインチェックイン(Eチェックイン)方法の紹介 – 預入荷物無しならチェックインカウンターに寄らずに搭乗可能

チャイナエアライン(中華航空)のオンラインチェックイン(E-チェックイン)方法のご紹介。

チャイナエアラインのオンラインチェックインは以下にて。
チャイナ エアライン

チャイナエアラインのEチェックインはチャイナエアラインが運航する国際線で対応、出発時刻の24時間前から1.5時間前まで、9名までの予約でEチェックインによる手続が可能。

■「E-チェックイン」を選択
E-チェックインを選択

■予約番号(6桁)・予約時の姓・名を入力する
予約番号・姓名を入力

予約番号(6桁)と、予約時の姓・名でチェックインに進む。

■フライト情報を確認する
フライト情報を確認する

フライト情報を確認のうえ「確定」を選択。

■危険物の持込および預入に関するチェック
チャイナエアラインズE-チェックイン 危険物持込の確認

危険物の持込および預入に関する注意事項を確認して次のステップへ。

■乗客とフライト情報の確認および座席変更
乗客とフライト情報の確認(座席変更)

乗客およびフライト情報を確認したら、チェックインの最終確認。
必要に応じて、座席変更やマイレージクラブの会員番号登録を行えるのでこのタイミングで。

■国籍・個人情報詳細・パスポート情報を確認する
国籍・個人情報詳細・パスポート情報を確認する

Eチェックインに関する最終確認。問題が無ければ次のステップへ進む。

■搭乗券受取方法の選択
搭乗券受取方法の選択

搭乗券をEメールで受け取るか、印刷するかを選択してチェックイン完了。

■チェックイン完了
E-チェックイン完了

今回は、台北(松山)空港 → 東京(羽田)空港のフライトでEチェックインを利用。預入する手荷物は無かったのでチェックインカウンターに立ち寄ることなく、Eメールで受取した搭乗券をスマートフォンに表示することで、直接荷物検査場→出国審査へと向かうことができた。

(預入荷物が無ければ)チェックインカウンターで手続をせずに、またプリンターなどが無くてもスマートフォン上に表示した搭乗券のみで手続が完了するのは非常に手軽で便利だった。

■搭乗口での手続もスマートフォンでokだった
搭乗口での手続もスマートフォンでokだった

台湾では、1年間で3回以上台湾を訪問する旅客向けに、出入国審査を優先レーンにて行うことができる「快速査驗通關」(Speedy Immigration Inspection Certificate for Foreign Frequent Visitors)サービスを提供しているので、こちらもあわせてご紹介まで。
関連エントリ:台湾の出入国審査がスピーディに行えるサービスを提供開始 – オンライン申請をしてみた | shimajiro@mobiler

コメント

  1. 溝口和彦 より:

    再来週に関空からチャイナエアラインで台湾に行きますが、機内持ち込みの荷物の大きさの制限を教えてください。

    • shimajiro より:

      以下情報が見つかりました。

      機内持込み手荷物
      https://www.china-airlines.com/jp/jp/fly/prepare-for-the-fly/baggage/carry-on-baggage

      すべての客室クラスについて、各主要機内持込み手荷物(取っ手、キャスタ、サイドポケットを含む)は22 x 14 x 9インチ(56 x 36 x 23cm)(長さx幅x高さ)かつ7kgを超えてはなりません。主要機内持込み手荷物は、座席の下または頭上の収納棚に安全に収納できる場合に限り、航空機客室へお持ち込みいただけます。