レキオスモバイル「使い放題プラン」での追加料金は6月1日以降契約者のみ対象、既存ユーザへの遡り適用はなし

沖縄を拠点とする株式会社レキオスの提供する「レキオスモバイル」は、容量制限のない「使い放題プラン」を従来の容量制限なしで使い放題のプランから、月間15GB以上の通信があった場合は基本使用料(2,480円/月)に加えて、容量に応じて一定の料金が加わるプランに変更したことを発表。(各種料金は税別)

料金プランの変更は事前の予告無く行われており、2016年6月1日以降に同プランを申込すると、15GBまでは月額2,480円、15GB以上30GB未満は月額3,480円、30GB以上は月額5,480円(税別)の料金が発生するものの、2016年5月31日以前に使い放題プランを契約して利用中のユーザに関しては、従来通り通信量による追加課金なしで利用することが可能であると、同社のユーザサポートより回答があった。

■レキオスモバイル:使い放題プランを値上げ、6月1日より
レキオスモバイル:使い放題プランを値上げ、6月1日より
掲載元:SIMだけ購入[格安SIM] | LEQUIOS mobile (レキオスモバイル、レキモ) 公式サイト

2016年5月31日以前に使い放題プランを申込している場合は従来通り。という点については胸をなで下ろしたレキオスモバイルユーザも少なく無いかと思う。(私もそのひとり)

ただし、レキオスモバイルの「使い放題プラン」は事実上「月間15GBまででそれ以上は追加課金」(課金上限あり)のプランとなったため、今後既存の使い放題プラン契約者向けにも何らかの変更が行われる可能性はゼロではない。

一方でポジティブな考え方としては、設備負担に応じた通信料金をユーザ側が負担することによって、レキオスモバイルが通信速度を増速するための原資を得ることが可能となり、結果的に既存の使い放題プラン契約者にとっても通信速度面でプラスとなる展開にも期待したい。