ソフトバンク、大容量プラン向けテザリングを1,000円→500円に値下げ、無料キャンペーンを7月末まで延長

ソフトバンクは、「ギガモンスター」など大容量プラン向けのテザリングオプション無料キャンペーンを2017年7月末までに延長。あわせて、2017年8月1日以降のテザリングオプション利用料を月額1,000円→500円へと改定することを発表。

ソフトバンクの発表は以下にて。

ギガモンスター向けのテザリングオプション無料キャンペーンを延長および月額使用料を改定

ソフトバンクは、ギガモンスター向けのテザリングオプション無料キャンペーンを延長します。また、合わせて2017年8月1日(火)より、同プラン向けのテザリングオプション月額使用料を改定します。

キャンペーン延長&値下げ概要

■対象サービス
・データ定額 20GB / 30GB(ギガモンスター)
・家族データシェア 50GB / 100GB

■無料キャンペーン期間の延長
変更前:2017年4月30日まで
変更後:2017年7月31日まで

■月額使用料金の改定
変更前:1,000円(税別) / 月
変更後:500円(税別) / 月

テザリングオプション有料、第一弾はKDDIか

iPhone 7/7 Plusの発売にあわせて提供が開始された各社の大容量プランと、テザリングの無料キャンペーンは、KDDIおよびソフトバンクが2017年4月末まで無料、ドコモが2018年3月末まで無料となっていた。

今回、ソフトバンクが無料期間の3カ月延長を発表したため、テザリングオプションの無料期間が最もはやく終了となるのはKDDIになる見込み。(KDDIからキャンペーン延長が発表されなければ)

なお、4月12日付けでケータイ Watchが公開した記事では、ソフトバンクはテザリングオプションの無料キャンペーン終了について、キャンペーン延長を含めて検討中となっていることが明らかにされていた。

テザリング無料、いつまで? 各社の状況を確認 – ケータイ Watch

 ソフトバンクは、大容量プランにおけるテザリング無料キャンペーンの延長の有無について、「諸々を検討中」としている。

 なお、無料期間に関わらず、無料キャンペーンが終了し料金が発生するタイミングでは、対象ユーザーにメールで事前に案内する。