「d払い」が電子マネー「iD」に対応。第一弾はdカード miniをd払いに統合

スポンサーリンク

ドコモは、「d払い」の決済方法を拡大し、バーコードやQRコードを「見せる」「読み取る」に加えて、電子マネー「iD」を利用可能にする。

ドコモのWebサイトは以下にて。

報道発表資料 : (お知らせ)「d払い」が電子マネー「iD」による「かざす」決済に対応お知らせ | NTTドコモ

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「d払い®」(街のお店)において、現在提供しているバーコードやQRコード®を「見せる」「読み取る」ことによる決済方法に加えて、電子マネー「iD」による「かざす」ことによる決済方法を提供いたします。

第一弾は、2019年11月19日(火)から「dカード mini」を「d払い」に統合し、Androidスマートフォンユーザーが「d払い」で「iD」決済が利用可能となる。

第二弾は、「d払い」のウォレット残高を利用した決済に対応し、ドコモ以外のスマートフォンユーザーにも対応を拡大する。また、Android 10に加えてiOS向けにも「d払い(iD)」を提供予定。第二弾サービスの具体的な提供時期は未定。

■サービスイメージ
サービスイメージ

なお、あくまでも11月19日(火)に実施されるのはサービス名称の変更であり、既にdカード miniを利用中のユーザーは引き続きサービスを利用できる。

d払いで「iD」が利用可能に ドコモのAndroid端末から順次 – ITmedia Mobile

既存のdカードminiユーザーは変わらずサービスを受けられるが、11月19日以降にiDアプリを更新するとアプリ上の券面がd払いのものに変更される。合わせて、同日から配信されるAndroid版「d払いアプリ」の最新バージョンでは、iDアプリに遷移する導線が新設される。