北海道内発着の航空機・鉄道・バスを最大で半額に、7月以降に発売

スポンサーリンク

北海道は、交通事業者を支援する目的で、航空機・鉄道・バスなど、乗り放題チケットなどの割引乗車券を最大で半額程度助成する。事業規模は約10億円で、7月以降に発売予定。

日本経済新聞のWebサイトの報道は以下。

新型コロナ:北海道3600億円補正案 過去最大、乗車券割引分を助成  :日本経済新聞

公共交通機関の利用や商業施設での消費拡大も後押しする。航空や鉄道などを対象に、事業者が発行する乗り放題乗車券やプレミアム付き乗車回数券の割り引きに10億円を計上した。

割引率は対象が1社だけなら30%以内。複数の交通手段にまたがると、50%以内とする。消毒やマスク着用など感染予防策「新北海道スタイル」導入が前提になる。

北海道:道内を移動する公共交通機関の助成

■事業費
約10億円

■対象交通機関
・航空機
・鉄道
・バス
・タクシー
・フェリー

■対象エリア
北海道内を発着(道内外への移動は対象外)

■支援内容
単独の交通機関:20%〜30%を助成
複数の交通機関:約半額を助成

なお、北海道では交通機関の乗り放題チケットとは別に、北海道民の道内旅行を支援する「どうみん割」を、6月25日(木)より順次発売する。「どうみん割」の対象となる宿泊期間は7月1日〜

「どうみん割」に関する詳細は以下エントリにて。

道民の旅行を割引「どうみん割」6月25日販売開始、日帰り旅行やアウトドア体験等も割引対象に
北海道は、道内の観光業を支援する目的で、北海道内を旅行する北海道民を対象にした「どうみん割」事業を開始する。宿泊対象期間は7月1日から、対象商品の販売は6月25日から。 道内旅行割引(どうみん割):概要 ■事業予算 23億円 ■販売期間 2020年6月25日〜 ■宿泊対象期...