ドコモ系シェアサイクルのポートに台数制限、一部でトライアル導入

スポンサーリンク

ドコモ・バイクシェアが運営するシェアサイクルは、全国の一部のポートを対象に、駐輪(返却)できる自転車の台数制限をトライアルでスタート。

■駐輪台数制限が導入された品川駅港南口ポート
駐輪台数制限が導入された品川駅港南口ポート

港区自転車シェアリング(東京)がトライアル実施している、品川駅港南口ポートでの駐輪台数制限に関するお知らせは以下にて。

お知らせ詳細 | 東京・港区自転車シェアリング(シェアサイクル)

駐輪台数の増加に伴いスペース外への駐輪が発生しており ポート継続のため、駐輪台数の制限をトライアルで実施いたします。

■対象ポート
・C5-35.品川駅港南口

■駐輪台数制限導入日
2021年6月1日(火)
※返却できる台数が制限されますので、返却できない場合は 近隣ポート:「C5-01.こうなん星の公園」等へご返却をお願いいたします。

■こうなん星の公園
こうなん星の公園

通常、ドコモ・バイクシェアが運営するシェアバイクのポートは、ラックの数よりも多くの自転車を返却できる。例えば、ラック数が10台のポートでも、11台以上の自転車が駐輪できる仕様。

このため、返却が集中する時間帯には、本来駐輪可能な台数を超えて自転車が返却される事例があり、特定のポートに自転車が集中して溢れることを防ぐために返却台数制限を導入したものと思われる。

駐輪台数制限が導入されたポートでは、返却時に台数制限によって正常に返却されていない可能性があるため、返却時に正常に返却が完了しているかを確認することをオススメ。