【povo】短期間の解約で、新規契約が不可になる場合あり

スポンサーリンク

KDDIのオンライン専用プラン「povo2.0」のチャットサービスで解約関連の手続きを行っていたところ、最初に表示されるメッセージで「短期間で解約すると、(次回の)新規契約が受付されない場合がある。」という趣旨のメッセージが表示された。

■povo2.0:短期解約に関する案内
povo2.0:短期解約に関する案内

短期解約と判断される期間は明記されていないほか、審査基準については開示されていない。

KDDIのpovo2.0は、180日以上トッピング購入なしかつ、その期間の利用料金が660円未満の場合は強制的に回線が停止され、その後もトッピング購入などをしない場合には回線が解約される。

povo2.0、180日以上トッピング購入なしで利用料金660円未満なら回線停止・解約の対象に
KDDIが9月29日に提供開始する「povo2.0」の回線停止・強制解約の条件が、ケータイ WatchとITMediaにて紹介されている。 「povo2.0」は、ベースプランの月額料金が0円で、必要なデータ通信や音声通話に関するサービスを「トッピング」として購入する。 ...

一般的に判断すれば、強制解約の対象となり得る期間(契約から180日以上)以上継続利用すれば、短期解約と判断されることは無さそう。

加えて、povo2.0のベースプランは基本料金が0円なので、通信障害などが発生した際の予備回線としてのみ使う場合にも、ユーザーが自発的に解約する理由は特段ない。(該当番号へ迷惑電話/メッセージなどが多発するなどの例を除く)

povo2.0のWebサイトは以下にて。
【公式】povo2.0|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン

スポンサーリンク

このエントリをシェアする

フォローする