GL06Pは海外でLTE接続不可/周波数選択でWCDMAのみ選択可能

スポンサーリンク

EMOBILE LTE対応のモバイルWi-Fiルータ『GL06P』はLTEに対応しており、なおかつSIMロックフリー端末となっているけれど、残念ながら『海外ではLTE接続が不可能』な仕様になっている。

■GL06Pの周波数選択画面 – 海外利用時はWCDMAのみに固定される
0716_GL06P_WCDMA_Only.png

海外のプリペイドSIMカードを利用した状態では、ネットワーク選択(周波数選択)が『WCDMAのみ』に固定されており、LTEに接続することができない。

この仕様は、同じくイー・モバイルから販売されているGL04Pについても同様となっており、今のところイー・モバイルから発売されているLTE端末の多くは、残念ながら『海外でLTE接続が利用できない』機種となっている。

EMOBILE LTE GL04Pは海外でLTE利用不可/3Gのみ利用可能 | shimajiro@mobiler

自分が確認した限りでは、GL02Pについては海外での利用時も『LTEのみ』の周波数選択が可能になっているので、周波数が適合し、なおかつLTEが利用可能な通信サービスを契約していれば、GL02Pについては海外でLTEが利用可能となる可能性も考えられる。

ともあれ、国内のキャリアから入手可能な『販売時点からSIMロックされていない』唯一の選択肢であるイー・モバイルの端末が、海外での利用については使い勝手が悪かったり、LTEが利用不可能だったりする点は少々残念…。

海外でLTEが利用不可能なのはLTEローミングに非対応となっていることが理由として考えられるけれど、ドコモ端末については、同様にLTEローミングには非対応となっていながらも、SIMロック解除後、海外でのLTE利用について特に制限が無く利用することができるので、イー・モバイル端末を海外で利用する際の仕様は、ユーザとしてはもったいないなぁと…。