那覇空港 ラウンジ華でモバイルWi-Fiルータ3機種をスピードテスト

スポンサーリンク

那覇空港内にある『ラウンジ華』でモバイルWi-Fiルータ3機種のスピードテストを行ってみた。

■那覇空港『ラウンジ華』でスピードテスト
那覇空港『ラウンジ華』でスピードテスト
※写真にはEMOBILE 4GのGL09Pも映っているけれど、通信速度測定に時間がかかりすぎたので割愛。要は通信速度が遅かった。

今回テストを行ったのは以下の3機種。

L-03E:LTE接続(mopera U)
Wi-Fi WALKER LTE:LTEに接続(LTE NET for DATA) ※グラフではHWD11と表記
WM3800R:WiMAX接続(So-net)

MacBook Air(2013)とWi-Fi接続してSpeedtest.netの東京サーバへの通信速度を計測してみた。

■下り通信速度:L-03EとWi-Fi WALKER LTEが快適
那覇空港ラウンジ華でスピードテスト

下り通信速度では、XiのL-03EとauのLTEに繋がるWi-Fi WALKER LTEの通信速度が平均して25Mbps前後を記録し、快適な通信速度が得られていた。

下り通信速度は僅差でWi-Fi WALKER LTEが勝っており、実際の体感スピードもL-03EよりもWi-Fi WALKER LTEの方が快適だった。
※下り通信速度よりも、Pingが早かったことによる影響が大きいかも

一方で、今回結果が奮わなかったのはWiMAXで、下り通信速度は平均して2.2Mbps前後だった。

那覇空港内の『ラウンジ華』は、入口にも『UQ WiMAX対応』が掲げられているのを考えると、もう少し頑張って欲しいところ。

■上り通信速度:下りと同じくL-03E&Wi-Fi WALKER LTEが快適
那覇空港ラウンジ華でスピードテスト

上り通信速度の結果は、下り通信速度とほぼ同じ傾向で、L-03EとWi-Fi WALKER LTEが快適な一方で、WiMAXが奮わない結果に。

先述の通り、那覇空港の『ラウンジ華』は、WiMAX対応のラウンジということもあり、WiMAXは特別に電波が悪い。ということも無かったけれど、通信速度があまり出なかったのは意外。

■Ping応答速度:Wi-Fi WALKER LTEが最速
那覇空港ラウンジ華でスピードテスト

下り通信速度&上り通信速度と同じく、Ping応答速度もWi-Fi WALKER LTE > L-03E > WiMAXの順となった。

先述の通り、L-03EとWi-Fi WALKER LTEは通信速度(上り&下り)にはそれほど大きな差がなかったものの、体感速度としてはWi-Fi WALKER LTEの方がストレスを感じなかったのは、Ping応答速度が高速だったことが原因かと思う。

スピードテストの結果に限らず、今回の沖縄滞在では、auのWi-Fi WALKER LTEのLTEエリアが広くなっており、通信速度も快適だった。

沖縄ではXiの下り最大112.5Mbpsのサービスも開始しているので、ドコモの方が快適かも?と期待していた(ラウンジ華内はXiの下り最大112.5Mbpsサービス非対応だった)けれど、主に滞在していた北谷町付近は、ドコモの下り最大112.5Mbpsに対応していないエリアとなっていた。
※2013年8月末現在

ドコモの下り最大112.5Mbps対応エリア(沖縄県)は以下より。
九州・沖縄 「Xi」(クロッシィ)112.5Mbps/100Mbps対応エリア | お客様サポート | NTTドコモ