EMOBILE LTE対応のモバイルWi-Fiルータ『GL06P』が新規一括9,800円/月額2,480円で販売中【台数限定】

スポンサーリンク

EMOBILE LTEに対応するモバイルWi-Fiルータ『GL06P』が新規一括9,800円(定価 33,600円)/通信料月額2,480円で販売されている。(台数限定の140台とのこと)

『GL06P』の販売はイー・モバイルオンラインショップにて。

GL06Pが端末代一括 9,800円/月額2,480円(イー・モバイルオンラインショップ)
GL06Pが新規一括9,800円

GL06Pは通信料からの割引が1,400円/月適用されるため、通常3,880円の『EMOBILE LTE』が2,480円/月で利用可能となる。

■GL06P 新規契約時月額料金
EMOBILE LTE通信料:3,880円/月 (LTEフラット にねん)
月額割引:▲1,400円/月
—————————-
合計料金:2,480円/月
※端末代は一括で9,800円。

通常時は33,600円で販売されているGL06Pの端末代が9,800円となるため、端末代の差額の23,800円だけ、定価よりも安く購入することが可能。

GL06Pは端末代一括0円で販売されていることも珍しくは無く、今回のオンラインショップのセールは激安。という程では無いにしろ、通常価格から考えると割安感があるのと、オンラインショップで契約内容などを事前に確認することが出来るので、『店頭に行ってみたら事前に説明の無い条件が設定されていた』というような類いの心配は無用。

EMOBILE LTEは『下り最大75Mbps』対応サービスでありながら、従来は下り最大75Mbpsに対応したエリアが極めて少ない状態となっていたのを、2013年8月からは本格的に下り最大75Mbpsエリアを拡大すべく、エリア整備を行っている。(その影響で、EMOBILE G4サービスの通信速度は半減するなどの影響があった)
関連エントリ:EMOBILE LTEの下り最大75Mbps対応:現時点でエリア4割弱が対応済み/年度内に全エリアで対応予定 | shimajiro@mobiler

2013年年度末までは、全エリアで下り最大75Mbps対応をする予定。ということで、多くのエリアが下り最大37.5Mbps対応に留まっていたのと比べると、通信環境は改善している。と考えることもできる。

その一方で、EMOBILE LTEについては親会社であるソフトバンクモバイルの『iPhone 5』以降の端末が、EMOBILE LTEの利用を開始(『ダブルLTE』と呼ばれている)しており、ユーザ数が増えたことによって生じる通信速度低下などの影響は免れない。

EMOBILEでは、ソフトバンクモバイルのiPhone 5ユーザについては、ソフトバンクモバイルに対してネットワークをMVNOとして提供するため、EMOBILEと契約して使えるEMOBILE LTEよりも、通信の優先順位を下げるなどのコントロールをしている。と発言しているものの、ユーザ数増加の影響によって、全体的に通信速度が低下しているのは体感として否めない。

ソフトバンクモバイル契約者向けのEMOBILE LTEネットワークの利用に関するコメントはEngadgetにて。

イー・アクセスが20MHz幅LTEで291Mbpsを達成、今後の事業計画を説明 – Engadget Japanese

同じグループなのでやりとりはしやすいが、ソフトバンクはMVNO。他の事業者と同じようにプライオリティコントロールもしている

EMOBILE LTE対応のGL06Pの白ロムはAmazonで15,000円ぐらいで販売されている。

EMOBILE GL06P シルバー Pocket Wi-Fi LTE 白ロム EMOBILE GL06P シルバー Pocket Wi-Fi LTE 白ロム

Huawei
売り上げランキング : 21271

Amazonで詳しく見る by G-Tools