関東エリアのイオンでWiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータ『NAD11』の取扱いを開始

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズの販売店となっている『イオン』は、9月27日(土)より関東地方の『イオンニューコム』および『イオンニューデジタル店』の合計61店舗にて、WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータ『NAD11』(NECプラットフォームズ製)を取扱い開始することを発表。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下より。

「イオン」店舗でのWiMAX 2+対応ルーター NAD11取扱い開始のご案内

UQコミュニケーションズの販売代理店であるイオンは、9月27日(土)より関東地方の「イオンニューコム店」、「イオンニューデジタル店」計61店舗において WiMAX 2+対応ルーター 「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」(以下NAD11)の販売を開始しますので、お知らせいたします。

今回、NAD11を販売開始するのは関東エリアのイオンニューコムおよびイオンニューデジタル店のみとなっており、既にUQ WiMAX端末を取扱いしているイオンの店舗数(2014年3月時点で163店舗)よりも少ない店舗での展開となる。

「イオン」店舗でのUQ WiMAX販売店舗拡大に伴う端末特価販売のご案内

UQコミュニケーションズの販売代理店であるイオンは、昨年12月より「イオンニューコム店」、「イオンニューデジタル店」の約20店舗においてUQ WiMAXの販売を開始しておりましたが、販売店舗が163店舗に拡大しましたので、お知らせいたします。

現地での確認がとれたわけではないけれど、プレスリリースを読む限り関東エリアのイオンで販売されるモバイルWi-FiルータはNAD11のみで、auのLTE対応モデルであるHWD14やHWD15については取扱いするとは書かれていない。

推測ではあるけれど、HWD14およびHWD15についてはauからも販売されているモデルなので、イオンの携帯電話販売コーナーにて、同一の商品が複数キャリア(KDDIとUQ)から発売する必要が薄い。という判断から、KDDIが取り扱っていないNAD11のみ取扱いをしているのかも。