ドコモの『直近3日間で1GB』での速度制限撤廃と、速度制限に関する誤解

ドコモがXi契約者向けに『直近3日間で通信量が1GBを超えた場合』の速度制限を撤廃した。というのは以下エントリにてお知らせした通り。
関連エントリ:ドコモ、Xi契約者向けに『直近3日間で1GB』の速度制限を撤廃 | shimajiro@mobiler

通信事業者による『直近3日間の通信量が1GBを超えた場合』の通信速度制限については、各社ほぼ共通の閾値として『直近3日間の通信量が1GB』を設けていたものの、実際に速度制限をどのように適用するか?については、事業者によって大きな差があった。

具体的に言えば、ドコモおよびKDDIについては通信が混雑している時間帯や場所での利用時に、通信速度を他のユーザと比べて低速化する場合がある。としていたのに対して、ソフトバンクモバイルは閾値(直近3日間で1GB)を超えたユーザに対して、一律で通信速度を制限していた。
※厳密に言うと、ソフトバンクモバイルは下り通信速度を128kbps前後に制限している。

このため、ドコモおよびKDDIのユーザとしては『直近3日間で通信量が1GBを超えた』場合であっても、通信速度制限の対象となっているかどうかの判断をユーザ側で行うのは難しく、やや乱暴に言ってしまえば大手3社の中で、直近3日間の通信量に基づく通信速度制限を行っていたのはソフトバンクモバイルのみ。と言っても大げさではないかもしれない。
※実際に、直近3日間の通信量が1GBを超えた状態であっても、ドコモ&KDDIでは極端に通信速度が落ちた。というのを経験したことは個人的にはない。(逆に言えば、そうでなくても混雑時間帯や場所では速度低下を感じることはある)

そんなわけで、ドコモが発表したXi契約者向けの通信速度制限の撤廃(直近3日間の通信量に基づく)そのものは嬉しいことに何ら変わりは無いけれど、既にドコモを利用中のユーザとしては『もともとあってなかったようなもの』と考えている方が多いかも。
※そもそも直近3日間の通信量が1GBを超えたら速度制限の対象となる場合があった。ということを正確に認識しているユーザ自体が少ないかもしれない。

今回の通信速度制限について、ドコモでは特にお知らせなどを掲載しておらず、通信速度制限に関する注意書きを更新したのみで、大々的にアピールは行われていない。

それでも、ドコモとしては『直近3日間の通信量が1GBを超えたら速度制限の対象となる場合がある』という通信速度制限が、似たような閾値でより厳しい内容で速度制限を行っている他社に引きずられて『同じ内容の通信制限がある』と思われることを回避したい。という狙いがあったのかなと思う。