So-net、札幌駅の観光案内所にプリペイドSIM自動販売機を設置

スポンサーリンク

So-netは、JR札幌駅構内にプリペイドSIMカードの自動販売機を設置、2015年7月8日より販売を開始したことを発表している。

So-netのプレスリリースは以下より。

プレスリリース | So-net 会社情報

ソネット株式会社(以下ソネット)は、日本を訪れる外国人の利便性向上をめざし、プリペイド式SIMで日本国内での高速モバイルデータ通信サービスを手軽に利用できる『Prepaid LTE SIM』の販売を、JR札幌駅構内の「北海道さっぽろ観光案内所」に設置する自動販売機にて、本日7月8日より開始いたします。

■販売開始日
2015年7月8日(水)

■SIMカードのプラン&サイズ一覧
プラン1G:有効期間30日間/データ通信量 1GB 3,000円(税込)
プラン3G:有効期間60日間/データ通信量 3GB 5,000円(税込)
※SIMカードサイズは標準/micro/nanoの3種類。

■設置場所
JR札幌駅構内「北海道さっぽろ観光案内所」
※営業時間は08:30 〜 20:00

So-netの販売するプリペイドSIMカードは、オンライン上でアクティベーションが必要となっているものの、今回プリペイドSIM自動販売機が設置された「北海道さっぽろ観光案内所」は、外国人向けの無料Wi-Fiサービスを提供しているため、アクティベーション作業は無料のWi-Fi経由で行うことが可能となっている。

Wi-Fiサービス | ようこそさっぽろ 北海道札幌市観光案内
札幌:FREE Wi-Fi

So-netのプレスリリースによると、JR札幌駅構内の「北海道さっぽろ観光案内所」の年間利用者数は17万人、2014年実績では6.3万人の外国人が利用した。としている。

So-netによるとプリペイドSIMカードを北海道に設置するのはSo-netが初。なお、So-netの他には札幌エリアにて「もしもシークス」のSIMカードが一部コンビニにて購入可能となっている。
関連エントリ:札幌&京都のコンビニで買える!『もしもシークス』のデータ通信専用プリペイドSIMを購入してみた | shimajiro@mobiler