WiMAX 2+、福岡空港の全ターミナルをエリア化

スポンサーリンク

UQコミュニケーションズは、福岡空港の国内線第1、第2、第3ターミナル、国際線ターミナルビルをWiMAX 2+対応エリア化したことを発表。福岡空港内の各ターミナルにてWiMAX 2+が快適に利用可能となる。

UQコミュニケーションズのプレスリリースは以下より。

福岡空港におけるWiMAX 2+のサービス提供開始について | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

この度、福岡空港の国内線第1、第2、第3ターミナルビルおよび、国際線ターミナルビルにおいてエリア整備を完了し、WiMAX 2+サービスがご利用いただけるようになりましたので、お知らせいたします。
これにより、空港内でより高速で快適なインターネット通信が可能となります。

福岡空港内では従来よりWiMAX 2+が利用可能なエリアもあったものの、今回のエリア化によって福岡空港内の各ターミナル内で快適にWiMAX 2+が利用可能となることが期待できる。

UQコミュニケーションズでは、WiMAX 2+のキャリアアグリゲーション対応エリアを9月初旬から9月末にかけて主要都市部もエリア化予定としており、現在はほとんどエリア化されていない福岡の中心部についても、9月末までにエリア化が行われる見込み。
関連エントリ:UQ、WiMAX 2+キャリアアグリゲーション対応エリア拡大を発表 – 東京/大阪/名古屋は対象外 | shimajiro@mobiler

UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+のキャリアアグリゲーション対応エリアの拡大に伴い、WiMAXサービスが下り最大40Mbps → 13.3Mbpsへと減速するため、既存のWiMAXユーザに対して端末代&月額料金などなどの負担無くWiMAX 2+サービスへ移行ができる「ギガヤバ 移住計画」を9月末までの期間限定で行っているので、現在WiMAXをご利用中の方はキャンペーン期間中にWiMAX 2+へ移行することをオススメ。

その他、WiMAX 2+でオススメのキャンペーンとしては、@nifty WiMAXが提供しているWX01のクレードルセットが本体代1円、キャッシュバック28,000円のキャンペーンを行っている。

@nifty WiMAXのキャンペーンは以下より。