Galaxy Note7の持込禁止が船舶にも適用、博多-釜山を結ぶ高速船「ビートル」で持込禁止に

スポンサーリンク

JR九州は、博多〜釜山間に運航する高速船「ビートル」の船内にGalaxy Note7の持込を禁止することを発表。船内持込の禁止は10月22日(土)より適用となる。ただし、例外として10月25日(月)までの期間は、往復利用のの復路に限り、電源を切った状態で船長預かり品としての取扱いが行われる。

■Galaxy Note7
台湾の販売店でモック展示となるGalaxy Note7

JR九州のお知らせは以下にて。

サムスン電子社製「ギャラクシーノート7」の輸送禁止について|BEETLE ビートル

いつもJR九州ビートルをご利用くださいましてありがとうございます。

サムスン電子社製 ギャラクシーノート7に内蔵されているリチウムイオン電池が、発火・発煙する事象が発生しております。当社では、運送約款の持ち込み禁止危険物に指定いたしました。

当該製品をお持ちのお客さまには、ご迷惑をお掛けいたしますが、船舶の安全運航にご理解・ご協力くださいますよう、お願いいたします。

Galaxy Note7の持込禁止は、10月15日(土)付けで日本を発着する航空会社各社も航空機内への持込を禁止する措置をとっており、各種交通機関で持込禁止となっている。
関連エントリ:Galaxy Note7が日系航空会社でも機内持込禁止、航空機での輸送が不可能に | shimajiro@mobiler

Galaxy Note7の国内空港への持込によるトラブルは、10月18日付けで外国人旅行客が日本へ持ち込んだGalaxy Note7が、関西国際空港内でバッテリーを無理矢理外そうとしたところ発煙する事故が発生していた。

Galaxy Note7の発煙事故についてはITmediaの記事にて。
「Galaxy Note7」から煙、関西空港の保安検査場で 国交省「国内空港では初めて」 – ITmedia ニュース