【シェアバイク】練馬区もID連携参加、ただし東京10区との広域連携には不参加

スポンサーリンク

ドコモ・バイクシェアは、2019年2月から仙台・大阪・広島などで先行開始した(関連エントリ)「ID連携」に東京・川崎エリアを加えて本格開始する。

ドコモ・バイクシェアによるシェアバイクサービスは、東京都内10区(江東区・中央区・港区・千代田区・新宿区・文京区・大田区・品川区・渋谷区・目黒区)が広域連携を実施しており、それぞれの区境を意識することなく、あたかも「東京バイクシェア」として使えるように相互連携済み。

■東京エリア(10区)で広域連携
東京エリア(10区)で広域連携

ただし、練馬区については2017年10月のサービス開始時から他区との広域連携には非対応となっており、4月8日のID連携スタート後も、東京10区の広域連携には参加しない。

よって、東京都10区のいずれかの区で会員登録をしていると、ID連携によって練馬区での自転車レンタルが可能となるほか、練馬区で会員登録済みのユーザーが、そのIDを使って東京都内10区での自転車レンタル・返却を行うことが可能になるものの、練馬区と他区(東京都10区)を跨いだ利用には非対応。

ID連携開始後も、東京都10区で借りた自転車を練馬区で返却する、練馬区で借りた自転車を他区で返却することはできず、練馬区についてはある意味「鎖国」とも言える状況が続く。

練馬区シェアサイクルのWebサイトでのお知らせは以下にて。

お知らせ詳細 | 東京・練馬区シェアサイクル(レンタサイクル)

2019年4月8日(月)より、現在ご登録済みのユーザIDで、練馬区以外のシェアサイクルも利用できるようになります。アプリやご登録済みのICカードでそのままお乗りいただけます。
出張、観光などの移動の際にぜひご利用ください。

【開始日時】
2019年4月8日(月)10:00~

【対象エリア】
東京広域連携10区、練馬、川崎、横浜、仙台、大阪、奈良、広島

例えば、練馬区で月額会員として登録をしていると、練馬区内での自転車レンタルは1回あたり30分までのレンタルが定額料金に含まれるものの、練馬区外のポートで自転車をレンタルすると、1回会員としてレンタル料金が発生する。

練馬区シェアサイクルは以下にて。
東京・練馬区シェアサイクル(レンタサイクル)