スカイマークが羽田〜下地島、神戸〜下地島を一時運休。1月22日〜1月31日

スポンサーリンク

スカイマークは、羽田〜下地島、神戸〜下地島線を運休する。対象期間は2021年1月22日〜1月31日。同路線は、2020年10月25日に新規開設された新しい路線。

スカイマークのお知らせは以下にて。
2021 年 1 月 22 日(金)~1 月 31 日(日)の運航について(PDF)

■スカイマークが羽田・神戸〜下地島線を一時運休
スカイマークが羽田・神戸〜下地島線を一時運休

運休対象となる航空券を予約済みの旅客に対しては、全額返金または振替の対応を行う。運休の対象期間中も、那覇経由での下地島へのアクセスは確保される。

このほか、下地島を発着する日本国内線は、ジェットスター・ジャパンが2020年冬期スケジュール(2020年10月〜2021年3月)の期間で運休(年末年始のみ運航)している。

下地島発着路線のジェットスター・ジャパンの運休(2020年9月発表)は以下にて。

ジェットスター、成田〜庄内線と関空〜高知線を運休 下地島線は年末年始のみ – TRAICY(トライシー)

また、東京/成田〜下地島線は12月25日から1月3日まで、大阪/関西〜下地島線は12月24日から1月3日までの年末年始期間中のみの運航とする。下地島には、スカイマークが東京/羽田・神戸・沖縄/那覇を発着する路線を10月25日に開設すると発表しており、首都圏や関西からのアクセスは確保される。