タイの『TrueMove』のプリペイドSIMで4G LTEを使う – LTEパッケージのSIMも販売開始

スポンサーリンク

タイの通信事業者『TrueMove』のプリペイドSIMで4G LTEを利用してみたのでレポート。

■Nexus 5をTrueMoveのプリペイドSIMで4G LTEに接続
TrueMoveのプリペイドSIMでLTE接続に成功

4G LTE専用のSIMカード以外でもLTE接続は利用可能

TrueMoveのプリペイドSIM向けのLTEは、プリペイドSIMカード向けのインターネット接続パッケージである『iSmart』または『iNet』の指定のプラン(Monthlyプラン)への登録でLTEが利用可能になるので、SIMカードのパッケージに『LTE』という記載が無くてもLTEは利用可能になった。

LTEによるインターネット接続が利用可能なパッケージ『iSmart』と『iNet』の違いは、音声通話の有無。
iSmartは音声通話を含めたパッケージとなっており、最も安い料金の『iSmart 299』の場合、通信量500MB(有効期間1カ月間)に加えて、100分間の通話がパッケージに含まれている。

4G LTEのパッケージは299バーツで通信量500MB(1カ月間)〜

iSmartのパッケージ説明についてはTrueMoveのWebサイトにて。

4G iSmart – TrueMove
4G iSmart - TrueMove

■iSmartプラン一覧&登録方法
iSmart 299:THB 299 通話100分間 データ通信量 500MB – *900*1229#
iSmart 399:THB 399 通話150分間 データ通信量 750MB – *900*1239#
iSmart 499:THB 499 通話250分間 データ通信量 1GB – *900*1249#
iSmart 599:THB 599 通話300分間 データ通信量 1.5GB – *900*1259#
iSmart 699:THB 699 通話400分間 データ通信量 2GB – *900*1269#
iSmart 899:THB 899 通話500分間 データ通信量 3GB – *900*1289#
※全プラン共通で有効期間は1カ月、通信量超過後は速度制限、True Wi-Fiの通信量無制限

iNetは、iSmartの無料通話が無いプランと考えればわかりやすく、同じ料金ではiSmartに比べて高速通信可能な通信量が多く設定されているので、音声通話を利用しない場合はiNetの方がオススメ。

iNetのパッケージ説明についてはTrueMoveのWebサイトにて。

4G iNet – TrueMove
4G iNet - TrueMove

■iNetプラン一覧&登録方法
iNET 299:THB 299 データ通信量 500MB – *900*1329#
iNET 399:THB 399 データ通信量 1GB – *900*1339#
iNET 599:THB 599 データ通信量 2GB – *900*1359#
iNET 899:THB 899 データ通信量 5GB – *900*1389#
※全プラン共通で有効期間は1カ月、通信量超過後は速度制限、True Wi-Fiの通信量無制限

当初は『TrueMoveのプリペイドSIMで4G LTEを利用するためには、4G LTE対応と書かれているパッケージのSIMを利用しなければいけない』と思い込んでいたけれど、Trueショップでスタッフに確認したところ『LTE対応と書かれていないプリペイドSIMでもLTEが使える。』

と説明されたので、この言葉を信じてLTE対応と書かれていないSIMカードを使って、iSmartとiNetのそれぞれに登録してLTE接続を試してみたところ、確かに『LTE対応』とパッケージに明記されていないプリペイドSIMでもLTEが利用可能になっていた。
※iSmart/iNetの両方ともLTE接続が可能だった。

■LTEが利用できたプリペイドSIM – 3G TOURIST INTER SIM
『3G TOURIST INTER SIM』でLTEが利用可能だった

SIMカード代と合わせて最低約1,200円でLTEが利用可能になる

TrueMoveのプリペイドSIMでLTEを利用するための費用は以下。

SIMカード:THB 50 (約 160円)
トップアップ代:THB 320(約 1,000円)
————————————-
合計金額:約 THB 370 (約 1,200円)
※トップアップ代はTHB 300(厳密にはTHB 299.07)にVATの7%が加わって税込でTHB 320の計算。

今回は、MBKの4FにあるTrueショップでSIMカードを購入してその場でトップアップ ⇒ iSmart/iNetプランへの登録を済ませると、その場ですぐにLTEが利用可能になった。

…と、こう書くと非常にカンタンにタイのプリペイドSIMでLTEが利用可能になったように感じるかもしれないけれど、約1カ月前のタイ訪問では『LTEを利用するためには1カ月以上のプランへの申込が必要』という点を理解していなかったため、結果的に滞在中にプリペイドSIMLTEを試すことができなかった(^ ^;
関連エントリ:タイ『True』の4G LTE対応と思われるプリペイドSIMを購入も、LTE接続には失敗 | shimajiro@mobiler

更に付け加えておくと、LTEが利用可能な状態になったプリペイドSIMカードでも、なぜかSIMフリー版のGALAXY Note 3(N9005)ではLTE接続が可能とならず、他の端末ではLTE接続が可能になったにも関わらず、GALAXY Note 3ではTrueMoveのLTEへの接続が確認できなかった。
※ちなみに、タイ訪問の直前に滞在したシンガポールでは、GALAXY Note 3でLTEが問題無く使えていたので、GALAXY Note 3(N9005)でTrueMoveのLTEが使えない理由は不明。

APN設定内容

TrueMoveのプリペイドSIMでは、任意のAPNを設定すればインターネット接続が可能。
参考までに、Nexus 5に自動設定されたAPN設定は以下。

APN:internet
ユーザ名:true
パスワード:true

4G LTEプラン登録済みのSIMパッケージも販売中

TrueMoveでは、4G LTEプランに登録されたSIMパッケージの販売も開始されており、販売価格はTrueMoveショップでTHB 299(約1,000円)だった。

■LTEプラン登録済みのSIMパッケージ
LTEプラン登録済みのパッケージ
※SIMカードのサイズは、レギュラー&マイクロの両用タイプと、nanoSIMの2パターンが用意されている。

LTEプラン登録済みのSIMパッケージに関する説明はTrueMoveのWebサイトにて。
SIM H. 4G prepaid.

このSIMパッケージには500MBのモバイルデータ通信が含まれており、TrueMoveのLTE対応端末にSIMカードを挿せば、すぐにLTEデータ通信が利用可能となるのでお手軽。ただし、こちらのSIMパッケージはiNet/iSmartに含まれる『True Wi-Fiが容量無制限』のサービスが含まれていないので、True Wi-Fiを利用したい方はiNet/iSmartを選んだ方が良いかも。

LTEの2100MHz帯対応機種でもLTE接続できない端末も

TrueMoveのLTEは、国内3キャリア(ドコモ、KDDI、SBM)も使用する2100MHz帯(Band 1)が使われているので、SIMロックを解除したドコモ端末などでも利用できる機種が大半と思われる。

…と言うのも、LTEのBand 1に対応している端末でも、SIMロック解除したGALAXY S4(SC-04E)ではTrueMoveのLTEが使えなかった。というようなことがあるので、LTEのBand 1に対応している端末であれば必ずしもTrueMoveのLTEに繋がる。とは限らない。

今回、TrueMoveのLTE接続を試した端末とLTEへの接続可否は以下。

■LTE接続可能
スマートフォン:Xperia Z2(SO-03F)/Xperia Z Ultra(C6833)/Nexus 5(EM01L)
モバイルWi-Fiルータ:HW-01F/L-02F/E5786/E5776/E5375

■LTE接続不可能
スマートフォン:GALAXY S4(SC-04E)/GALAXY Note 3(N9005)

TrueMoveのLTEに接続可能な端末と、接続不可能な端末の差は不明だけれど、とりあえずの動作確認結果ということで。何かわかったら追記する予定。