WiMAX 2+対応のUSBモデム『URoad-Stick』が発売、二年契約で本体代1円 – 『タダ替え』も可能

WiMAX 2+に対応するUSBモデム『URoad-Stick』(シンセイコーポレーション製)が本日(1月9日)より販売開始。WiMAX 2+に対応するUSBモデムはURoad-Stickが初となるほか、シンセイコーポレーションのWiMAX 2+対応機種が個人向けに販売されるのも同機種が初となる。

URoad-Stickの商品説明はシンセイコーポレーションのWebサイトにて。
URoad-Stick | WiMAX法人向け製品情報サイト

URoad-Stickは下り最大110Mbps対応機種となっており、WiMAX 2+が2015年春より導入予定の下り最大220Mbpsには非対応となっているのは少々残念なところ。

ただし、WiMAX 2+を専らPCとの接続用に使う場合は、Wi-Fiの混雑による通信速度低下や通信の切断などを気にする必要が無く、『PCに挿せば使える』という非常にシンプルな使い方ができる点はUSB接続タイプのモデムのメリット。

初代のWiMAXサービスでは『機器追加オプション』によって、1回線の契約で複数の機種を切り替えて通信することが可能となっていたけれど、WiMAX 2+対応サービスでは同種のオプションが提供されておらず、状況によって通信を利用する端末を使い分けるためにはSIMカードの入れ替えが必要となる点はネック。(加えて、メーカーからの端末単体販売も行われていない)

URoad-Stickは、初代WiMAXサービス契約者向けの『史上最大のタダ替え大作戦』対象機種となっている。史上最大のタダ替え大作戦については以下エントリにて。
関連エントリ:UQ、CA導入でWiMAX 2+を下り最大220Mbpsに高速化 – 13.3Mbpsに低速化するWiMAXユーザ向けには無料で乗り換えキャンペーンを提供 | shimajiro@mobiler

URoad-Stickを取扱いする事業者を調べてみたところ、@nifty、So-netなどのMVNOでは1月9日時点での取扱いを確認できておらず、現時点で販売しているのが確認できたのはUQコミュニケーションズのみ。二年契約時の本体代は1円となっている。

UQコミュニケーションズのキャンペーンページは以下より。