Dropboxのカメラアップロードで時刻がズレるのはDropboxの不具合 – アプリバージョンアップで修正予定

スポンサーリンク

Dropboxの「カメラアップロード」機能を利用していると、Androidスマートフォンで撮影した動画・スクリーンショットのタイムスタンプが、端末側の現在時刻ではなくGMT +0と認識される不具合に困っていたのでDropboxのサポートに問い合わせしてみたところ、不具合については認識済み、Dropboxのアプリケーション側で修正予定。とのこと。

■カメラアップロードでの時刻ズレに関する回答(Dropboxサポートより)
Dropbox:カメラアップロードでの時刻ずれは修正予定

Dropboxのカメラアップロードで時刻がズレる問題は、Androidスマートフォンのスクリーンショット、動画、デジカメで撮影した動画(画像は問題なし)でかなり前から発生していたので「そういうもんだ」と思って使っていたけれど、自分で解決できる方法が無いか探してみたけれど、残念ながら解決策は見つからなかったのでサポートに確認してみた次第。

いちおう、自力で解決できないかと、Dropboxのアカウント設定で「タイムゾーンの自動検索」を有効にした上でAndroidスマートフォンでDropboxに再ログインなどなどは試してみたけれど解決せず、これはDropbox側での修正を待つしか無い模様。

■Dropbox:タイムゾーン自動検索設定
Dropbox:タイムゾーン自動検索設定

同様の不具合は、たくさんの人に影響が発生しているという感じではないけれど、国内外を問わず同様の現象が発生しているユーザは存在しているようなので、早急に対策が取られるとよいなと。
※ただし、具体的な修正予定日などなどは未定とのこと。

Dropboxは以下より。
ホーム – Dropbox

コメント

  1. 匿名 より:

    取り組んでいるとは言いながら・・・症状は改善せず、対策をとるつもりは無いのでは?
    早急にして欲しいのですが。
    仕方なく、jpg はアンドロイド(SONY)をメインにしていますが、動画や画面キャプチャーは iPhoneを使っています。
    皆で声をあげるしかないですかね。