Dropbox、Android/iOS向けアプリでフォルダ単位のオフラインアクセスに対応

Dropboxは、Android/iOS向けのアプリの「オフラインアクセス」がフォルダ単位で可能となる機能を追加。
※2016年12月9日時点ではAndroid版が先行、iOS向けは後日対応予定。

オフラインアクセスが設定されたフォルダは、デバイスがインターネット接続中に最新の内容に同期されるため、容量の大きなファイルを予めダウンロードしてAndroid/iOSで利用する場合や、頻繁に更新されるファイルをオフラインアクセスの対象としておくと利便性が高い機能。

Dropboxのオフラインアクセスは、ファイル単位では従来より対応していたものの、今回はフォルダ単位でオフラインアクセスが指定できるようになっている。なお、フォルダ単位でのオフラインアクセスは、Dropboxの有料会員向け機能となっており、無料会員は利用できない。

■Dropbox:フォルダ単位のオフラインアクセスが可能に
Dropbox:フォルダ単位のオフラインアクセスが可能に

■オフラインアクセスを指定したフォルダ
オフラインアクセスを指定したフォルダオフラインアクセスを指定したフォルダ

ざっと確認してみたところ、オフラインアクセスを設定したフォルダは、そのフォルダ以下のサブフォルダについてもオフラインアクセスの対象となっていた。

Dropboxは大きな不満無く、数年にわたって使い続けている依存度の高いサービスではあるけれど、Dropboxのカメラアップロード機能で、動画やスクリーンショットを撮影すると、カメラアップロードに作成されるファイルの時刻がズレる不具合がかなり前から発生しており、これは長い間改善されていないのは不満。
関連エントリ:Dropboxのカメラアップロードで時刻がズレるのはDropboxの不具合 – アプリバージョンアップで修正予定 | shimajiro@mobiler

Dropboxをまだ使っていない方は以下よりアカウント作成・利用が可能。
Dropbox – オンラインファイル同期ツール
*上記リンクから登録すると、通常無料で利用出来る2GBに+500MBのボーナスがつきます。