WiMAX 2+の下り最大440Mbps/上り最大30Mbps対応機種を全機種購入

UQコミュニケーションズおよびKDDIから発売されているモバイルWi-Fiルータ(と、ホームルータ)のうち、下り最大440Mbps/上り最大30Mbps対応機種を全て揃えることができた。

■UQの下り最大440Mbps/上り最大30Mbps対応機種をコンプリート
UQの下り最大440Mbps/上り最大30Mbps対応機種をコンプリート

2016年4月8日現在、UQコミュニケーションズおよびKDDIから発売されている下り最大440Mbps/上り最大30Mbps対応機種は、モバイルWi-FiルータのW04、WX03と、ホームルータのL01。WiMAX 2+方式の通信速度はいずれの機種も下り最大440Mbps/上り最大30Mbps。

これらの機種のうち、WX03については昨年12月の時点で入手済み。個人的には、下り通信速度よりも上り通信速度が最大30Mbpsに高速化されたことで、DropboxやGoogleフォトなどクラウドサービスへのデータアップロードに(電波状態さえ良ければ)ストレスを感じることが少なくなったので満足している。

下り最大440Mbps対応機種は、電波状態さえ良ければ実測値で下り最大300Mbpsを超えるなど高速化されており、スピードテストの結果だけでなく体感測度もかなり改善しているように感じる。

下り最大440Mbps対応「WX03」をスピードテスト、実測300Mbps越え!
UQコミュニケーションズ(およびそのMVNO)から発売中のモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT WX03」(以下、WX03)でスピードテストを実施。スピードテストの実測は下り速度が300Mbpsを超えるなど、既存機種と比べると確かに高速化されていることが確認...