WiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルータ、通信モード別の通信速度まとめ

WiMAX 2+対応のモバイルWi-Fiルータに「Speed Wi-Fi NEXT WX04」(NECプラットフォームズ製)が登場するので、WiMAX 2+対応機種(現行世代)の通信速度をモード別にまとめ。

WiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルータの通信速度まとめ

機種名 ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
WX04 下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
下り最大:440Mbps
上り最大: 50Mbps
W04 下り最大:558Mbps
上り最大:30Mbps
下り最大:708Mbps
上り最大:37.5Mbps
WX03 下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
非対応
L01 下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
下り最大:370Mbps
上り最大:37.5Mbps

※W04は2017年5月に公開されたソフトウェアアップデートを適用した状態。

2017年11月より発売される「WX04」は、Huawei製の「W04」がサポートしている、WiMAX 2+方式における256QAM変調方式に非対応。

このため、下り通信速度ではハイスピードモード(WiMAX 2+)およびハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+とau 4G LTEが利用可)共に、W04にスペック上は劣る。

■UQコミュニケーションズ:WiMAX 2+に256QAMを導入し高速化
UQコミュニケーションズ:WiMAX 2+に256QAMを導入し高速化

ただし、「東名阪の一部エリアから提供を開始」とされるWiMAX 2+における256QAMの具体的な対応エリアは非公開のため、どの程度のエリアが256QAM対応しているのは不明。

■WiMAX 2+:256QAM対応エリアは非公開
WiMAX 2+:256QAM対応エリアは非公開

「WX04」は、NECプラットフォームズ製のモバイルWi-Fiルータとしては初めて、au 4G LTEにも対応しているものの、モバイルネットワーク側の通信速度(理論値)、前モデルの「WX03」とほぼ同じ。
→唯一、ハイスピードプラスエリアモードにおける上り通信速度が50Mbpsに高速化している。

一方で「WX04」はWi-Fi側がビームフォーミング対応となることで、Wi-Fi側の実効速度改善が期待できる。

Wi-Fi側のビームフォーミング対応が、実際の環境でどの程度通信速度に貢献するのか?は気になるところ。(実際に試すことができ次第レポートの予定。)

UQ公式オンラインストアは以下にて。