WiMAX 2+、九州エリアほぼ全域で下り最大220Mbps→440Mbpsに高速化

スポンサーリンク

WiMAX 2+の下り最大440Mbpsサービスが福岡県(および九州エリア)で拡大している。

2018年5月17日時点のエリアマップは以下。

■WiMAX 2+エリアマップ(福岡県)
WiMAX 2+エリアマップ(福岡県)

福岡市中心部は、2018年1月頃には下り最大220Mbps対応エリアが多かったものの、4月頃には下り最大440Mbps対応エリアが拡大しているのを確認。

その後、5月時点では福岡市内中心部を含む九州エリアの大多数が下り最大440Mbps対応となっている。

福岡市中心部を含む福岡県・九州エリアは、下り最大440Mbps対応サービス(4×4 MIMO + キャリアアグリゲーション)が遅れていたので、下り最大440Mbps対応エリア拡大は嬉しいところ。

■2017年2月時点のWiMAX 2+エリア(および速度)
WiMAX 2+対応エリア(博多近郊)
※この時点で、九州以外のWiMAX 2+エリアは大半が下り最大440Mbps対応完了となっていた。

WiMAX 2+のサービス紹介・申込は以下にて。