GL09Pのエリア&通信速度チェック【新宿〜熊谷】

スポンサーリンク

新宿 ⇒ 熊谷を電車で移動する機会があったので、道中でGL09Pのエリア&通信速度をチェックしてみた。

■熊谷駅でAXGPに繋がるGL09P
GL09Pが熊谷駅でAXGPに接続

■測定環境
モバイル端末:Pocket WiFi GL09P
計測端末:MacBook Air 2013とWi-Fi接続
測定日:2013年8月

新宿 〜 熊谷でGL09Pのエリア&通信速度をチェック

駅名
NW Ping(ms) 下り(Mbps) 上り(Mbps) 備考
池袋 AXGP 87 7.06 2.21 なし
赤羽 AXGP 66 26.27 2.6 途中のトンネルで3Gに落ちたので赤羽駅で再起動したらAXGP接続になった
浦和 AXGP 48 25.33 5.53 駅で再起動したらAXGP接続になった
大宮 3G 59 9.53 1 駅構内に入ったら3Gに落ちたので再起動。再起動後も3Gだった
上尾 AXGP 47 35.11 2.96 道中で3Gになってたけど、駅で再起動したらAXGPに
桶川 AXGP 再起動したらAXGP接続に。スピードテストは計測失敗
北本 AXGP 50 10.43 5.46 道中で3Gに落ちたけど駅で再起動したらAXGPに接続
鴻巣 AXGP 再起動したらAXGP接続に。スピードテストは計測失敗

※乗車駅の新宿/降車駅の熊谷は測定を行っていない。

GL09Pは、今回検証を行った区間で、大宮駅を除いて駅ではAXGPで接続が可能となっており、印象としては『エリアは思ったよりも広い』という印象。

ただ、電車で移動中、頻繁にAXGP ⇒ 3Gの切り替わりがあり、その都度停車駅でスピードテストを行うために端末を再起動していた。(再起動後はAXGP接続になる駅が大半だった)

ちなみに、エリアマップで確認する限りは、新宿 〜 熊谷の間は全てSoftBank 4Gのエリアになっている模様。

■SoftBank 4Gエリアマップ
エリアマップ ソフトバンクモバイル
参照URL:エリアマップ | ソフトバンクモバイル

往路は電車で新宿 ⇒ 熊谷間を移動し、復路は車で同区間を移動したけれど、車で一般道を走行中は、AXGPから3Gに切断される回数が電車と比べて少なかったので、高速移動中はAXGPから3Gや他のネットワークに切り替わりが発生しやすいのかも。
※3G ⇒ AXGPは端末再起動しないと切り替わりが無いのかと思っていたけれど、そんなことも無い模様。

スピードテストの結果としては、最速で下り35.11Mbpsを記録しており、10Mbpsを超える結果も多くなっているので『AXGPに接続されれば速い』のは、スピードテストの結果としても体感としても大きなズレは無い。

ただし、電車で移動中には3Gに落ちることが多かったので、接続するネットワークの固定ができないGL09Pでは少々不便を感じることがあったのは事実。

ちなみに、同じ区間を移動中、auの800MHz&1,500MHz帯に接続可能なWi-Fi WALKER LTE(HWD11)でもスピードテストを行ってみたので参考までにHWD11の結果を追記。

■測定環境
モバイル端末:Wi-Fi WALKER LTE HWD11
計測端末:GALAXY Note 2とWi-Fi接続
測定日:2013年8月

新宿 〜 熊谷でHWD11のエリア&通信速度をチェック

駅名 HWD11
NW Ping(ms) 下り(Mbps) 上り(Mbps)
池袋 LTE 88 8.41 3.28
赤羽 LTE 80 10.3 3.26
浦和 LTE 184 14.61 7.22
大宮 LTE 106 15.5 3.76
上尾 LTE 93 13.84 3.3
桶川 LTE 99 10.02 5.98
北本 LTE 96 29.62 8.63
鴻巣 LTE 95 27.65 4.27

※乗車駅の新宿/降車駅の熊谷は測定を行っていない。

スピードテストの結果としては、最高速度はGL09Pの方が速かったけれど、移動中ずっとLTE接続になっていて通信が安定していたのはHWD11で、スピードテストの結果も極端に遅くなったり、スピードテストの計測が終わらない。というようなことがなく、全体的に通信が安定していた。

auのWi-Fi WALKER LTEは『法人向け』ということで、基本的には個人向けに販売はされていないけれど、個人向けにもLTE対応のモバイルWi-Fiルータを販売すればいいのになぁ。とは思ったり。