バンコクで買った『SUGOI SIM』を使う – アクティベーション不要で利用可能

スポンサーリンク

タイのバンコクで購入した日本渡航者向けのプリペイドSIM『SUGOI SIM』をセットアップして使ってみた。

SUGOI SIMの購入については以下エントリにて。
日本で使えるデータ通信専用プリペイドSIM『SUGOI SIM』がバンコクで販売されていた 100MB/1日で30日間利用可能 | shimajiro@mobiler

■SUGOI SIMをセットアップして使う
『SUGOI SIM』をセットアップ

セットアップ方法はカンタンで、対応端末にSIMカードを挿してAPNを設定すればデータ通信が利用可能となり、いわゆるアクティベーションが不要になっているのが手軽。

■SIMカードを挿入する
対応機種にSIMカードを挿入する

■APNを設定する
APNを設定する

APN設定内容は以下。

APN:umobile.jp
ユーザ名:umobile@umobile.jp
パスワード:umobile

上記APNを設定したところ、すぐにデータ通信が利用可能となった。

■APN設定が完了するとデータ通信が利用可能に
APN設定が完了するとデータ通信が利用可能に

スピードテスト結果は、LTEに接続された状態で下り7.25Mbps、上り4.86Mbps。

この結果はドコモ本家の回線を使っているよりは遅いように感じるものの、SUGOI SIMの通信量は100MB/日に制限(以降は速度制限の対象となる)となっていることを考えれば、それほど速い通信速度は必要無い。ともいえるので必要十分と言えるかも。

ドコモのXperia Z2(SO-03F)では、テザリングを実行するとエラーになりテザリングは利用できなかったものの、Nexus 5ではテザリングも問題無く利用可能だったため、サービスとしてはテザリング利用を禁止していないものと思われる。

■Nexus 5 + SUGOI SIMはテザリング利用可能
Nexus 5 + SUGOI SIMはテザリング利用可能

訪日外国人向けのプリペイドSIMカードはいくつか種類があるものの、アクティベーションが不要で利用できるSIMカードは種類が少なく、その点はSUGOI SIMの使い勝手が良いところかなと思う。

『SUGOI SIM』は基本的にタイ向けの商品となっているため、販売についても8月10日現在はタイ・バンコク市内のみとなっているけれど、留学や出張などから一時帰国する日本人向けにも使い勝手は悪くないので、日本国内でも入手が可能になったら便利そう。

『SUGOI SIM』の日本版と言える、U MOBILEのデータ通信専用プリペイドSIMカードがAmazonで販売開始されていたので、最後に紹介まで。(14日版と30日版が販売されている)

【U-mobile】 JPSIM 1.5GB 15dayプリペイドSIMカード MicroSIMパッケージ 【U-mobile】 JPSIM 1.5GB 15dayプリペイドSIMカード MicroSIMパッケージ

U-NEXT
売り上げランキング : 46158

Amazonで詳しく見る by G-Tools