インドネシアのTelkomselが4G LTEサービスを提供開始 – ジャカルタとバリ島の一部から

スポンサーリンク

インドネシアの通信事業者Telkomselは、12月8日から4G LTEを商用提供開始。

インドネシアの4G LTEはTD-LTE方式を採用するBolt!が既にサービスを提供開始していたものの、インドネシアでFDD-LTE方式による4G LTEを提供開始するのはTelkomselが初となる。

Telkomselのプレスリリース(インドネシア語)は以下より。

Telkomsel | News

Jakarta, 8 Desember 2014 – Telkomsel meluncurkan secara resmi layanan komersial mobile 4G LTE pertama di Indonesia hari ini.

以下、プレスリリースから解る情報をカンタンにご紹介。

Telkomselの提供する4G LTEサービスは900MHz帯(Band 8)の5MHz幅で、下り最大37.5Mbpsに対応するものと思われる。(リリースでは36Mbpsとなっている理由は不明)

Layanan Telkomsel 4G LTE digelar di frekuensi 900MHz dengan lebar pita sebesar 5 MHz, yang memiliki kecepatan data access mencapai 36 Mbps.

Telkomselは、4G LTE提供開始時点で200局の基地局を展開。トラフィックの多いエリアより4G LTE対応を行っていくとしている。

Telkomselの4G LTEは、ポストペイドユーザだけでなくプリペイド契約のユーザ向けにも提供される。SIMカードはTelkomselの運営する『GraPARI』などで4G LTE対応のSIMカードに交換が必要になる。SIMカード交換に係る費用は無料。

Pelanggan Telkomsel yang ponselnya sudah mendukung layanan 4G, baik pascabayar (kartuHalo) maupun prbayar (simPARI, KartuAs, dan LOOP) cukup menukarkan simcard mereka dengan USIM secara gratis tanpa harus mengubah nomor yang mereka miliki saat ini dengan pilihan datang ke GraPARI atau meminta untuk dikirim ke rumah.

加えて4G LTE対応サービスへの変更に伴う追加費用などは特に無く、3G向けに提供されているデータ通信パッケージをそのまま4G LTE対応サービスでも利用可能となっている。

Kelebihan dari layanan Telkomsel 4G LTE ialah bahwa pelanggan yang saat ini telah memiliki paket data Telkomsel, dapat melanjutkan penggunaan paket tersebut tanpa tambahan biaya untuk menikmati 4G LTE.

Telkomselは4G LTEのローミングサービスをシンガポール、マレーシア、オーストラリア向けに提供。日本や韓国向けの提供も計画している。

para pelanggan 4G LTE Telkomsel akan dapat menikmati layanan roaming yang lebih baik dan lebih luas, seiring dengan upaya kami untuk memperluas layanan ini ke berbagai negara lain seperti Korea Selatan, Hong Kong, Jepang, Arab Saudi dan lainnya

日本パスポート保持者がインドネシアに入国する場合、観光ビザがUSD 35(2014年7月3日より値上げ)必要となっているものの、2015年1月からは入国ビザが免除される方針となっており、インドネシア入国に伴う費用が軽減される方向。
関連エントリ:インドネシア政府、日本など5か国向けのビザ免除を2015年初めに実施見込み | shimajiro@mobiler