UQがWiMAX 2+下り最大440Mbpsエリア公開、全国のWiMAX 2+エリアをほぼカバー・九州地方で遅れも

UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+サービスのサービスエリアマップを更新。2016年12月末時点でのWiMAX 2+方式における下り最大440Mbps対応エリアが明らかにされている。

UQコミュニケーションズがアピールしていた通り、2月1日に更新されたエリアマップでは全国エリアで幅広く下り最大440Mbps対応サービスが利用可能となっていることが判明。九州地方を除いて、WiMAX 2+サービスエリアの大半で下り最大440Mbpsサービスが利用可能となっている。

■UQ、WiMAX 2+サービスの440Mbpsを全国エリア化
UQコミュニケーションズ:下り最大440Mbps対応エリアを全国展開

UQコミュニケーションズは、2016年12月より下り最大440Mbps対応サービスを提供開始したばかりで、全国エリアで下り最大440Mbpsサービスが利用可能となるのは、個人的に予想していたよりもかなり早く、なおかつ「ほぼ全国エリアで下り最大440Mbps」となるのは、対応端末を(WX03/W04/L01)を使用中のユーザにとっては嬉しい限り。

UQコミュニケーションズのWiAMX 2+サービスエリアマップは以下。
サービスエリア | UQ mobile / UQ WiMAX

2017年2月1日に公開された主要都市のエリアマップは以下。
※濃いピンクが下り最大440Mbps対応エリア。

■WiMAX 2+対応エリア(札幌近郊)
WiMAX 2+対応エリア(札幌近郊)

■WiMAX 2+対応エリア(仙台近郊)
WiMAX 2+対応エリア(仙台近郊)

■WiMAX 2+対応エリア(東京近郊)
WiMAX 2+対応エリア(東京)

■WiMAX 2+対応エリア(名古屋近郊)
WiMAX 2+対応エリア(名古屋近郊)

■WiMAX 2+対応エリア(大阪近郊)
WiMAX 2+対応エリア(大阪近郊)

■WiMAX 2+対応エリア(博多近郊)
WiMAX 2+対応エリア(博多近郊)

■WiMAX 2+対応エリア(沖縄近郊)
WiMAX 2+対応エリア(沖縄近郊)

WiMAX 2+の下り最大440Mbps対応エリア内では、通信環境が良ければ実測で下り最大300Mbpsを記録するなど、前世代の機種よりも確実に高速化されていることが体感できる。

WX03を使ったスピードテスト結果については以下エントリにて。

下り最大440Mbps対応「WX03」をスピードテスト、実測300Mbps越え!
UQコミュニケーションズ(およびそのMVNO)から発売中のモバイルWi-Fiルータ「Speed Wi-Fi NEXT WX03」(以下、WX03)でスピードテストを実施。スピードテストの実測は下り速度が300Mbpsを超えるなど、既存機種と比べると確かに高速化されていることが確認...

UQコミュニケーションズのサービス紹介・申込は以下にて。